新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
がろあむし

がろあむし

  • 絵本
著: 舘野 鴻
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年09月16日
ISBN: 9784034370803

小学低学年
290mm×250mm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

1匹のガロアムシの誕生から、一生を終えるまでを、迫力のある精緻なタッチで描いた大判絵本。
作者はデビュー作『しでむし』や『ぎふちょう』を描いて注目され、『つちはんみょう』で小学館児童出版文化賞を受賞した舘野鴻さん。
小さな虫の小宇宙を描き出すミクロの視点、徹底した取材・観察、それらを反映させた力のある画で、抜きん出た存在感を示す作家です。

本を開くとまず目に飛び込んでくるのが、川と町のあいだに挟まれた、みずみずしい森の緑。
のどかな鳥瞰図から、ぐーっと視点が下りていき、森のくずれた崖の、落ち葉や岩がごろごろとした地面の奥底に入っていきます。
地下の真っ暗な世界で、黒いたまごからガロアムシのあかちゃんが生まれたところから、虫の物語のはじまりです。

生まれたばかりの小さなガロアムシは、たくさんの他の小さな虫に混じって、暗い地下を走り回ります。
獲物を探し、捕まえて食べて命をつなぎ……。
ときには食べるばかりでなく、逆に食べられそうになり、足を食い切られながら、生きるために走りつづけます。
やがて成虫になってオスに出会い、自分のたまごを産むまで……。

ガロアムシが一生を終えると、視点は地下から地上へと上がっていき、ふたたび鳥瞰図があらわれます。
しかしそこに広がるのは、冒頭と同じ森の姿ではなく、開発がすすみ、町が広がって行った新しい地図であることがわかるのです。

およそ5年から8年と言われるガロアムシの寿命。
1匹のガロアムシが誕生して死ぬまでの年月と、同じ年月を、地上で暮らす人間たちの変わりゆく町の世界と対比させながら描き出しています。
舘野鴻さんは実際、今作のために約10年という月日をかけて、ガロアムシの取材・調査を行ったそうです。
巻末にはガロアムシ以外にも「この本に登場する生きものたち」と題して、たくさんの虫の名や科・属などの分類が紹介されています。

2017年に発売された『つちはんみょう』で小学館児童出版文化賞を受賞して以来の、待望の新刊。
ガロアムシも他の虫たちも、人間の営みとかけ離れた世界で生きているように見えて、じつは同じ世界で、かけがえのない命の時間を重ねていること。
過酷な生を生きながらえ、次世代へ命をつなぐ虫の姿が、本書を通じて伝わってきます。
大いなるダイナミズムを感じる絵本作品です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

川と町のあいだの森。くずれた崖の奥底で、黒いたまごから、がろあむしの赤ちゃんが生まれた。がろあむしは、まっくらな世界をかけまわり、小さな生き物たちを食べて大きくなる。ときに襲われてボロボロになりながらも、生きるために走りつづける。
やがて大きくなると、オスと出会い、たまごを産む。しかしある日、がろあむしは燃えるように赤い体とともに、その一生を終える。だれも知らない地下の暗黒世界で、ひとつのドラマが終わったとき、町は――

地下の暗黒世界に広がる宇宙と、そこに生きる小さな虫の大きな一生。そして、おなじ地平で変わりゆく人間たちの社会を濃密に描き出した怪作。『つちはんみょう』で小学館児童出版文化賞を受賞した著者が、取材に約10年を費やした渾身の絵本。

ベストレビュー

以外とすごい、惹き込まれる、面白い!

虫の話しは面白くないかな、と思っていたら、こるが面白い!
ただ虫が生まれて死ぬまでの話しではない、生物とはこうなんだ!とわかりやすく、それでいて深く考えさせられる絵本です。
生き物を食って成長し、子孫を残し、食われて死ぬ。
当たり前のことを迫力ある絵と共に伝えてくる絵本です。
5分ほどで読み終えましたが、その時間を感じない絵本です。
(えがだいさん 40代・パパ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

舘野 鴻さんのその他の作品

あまがえるのかくれんぼ / 宮沢賢治の鳥 / つちはんみょう / ぎふちょう / しでむし


絵本ナビホーム > > がろあむし

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

がろあむし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット