宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
狂言えほん くさびら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狂言えほん くさびら

  • 絵本
作: もとした いづみ
絵: 竹内 通雅
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「狂言えほん くさびら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784061323575

読みきかせ……3歳から
ひとり読み……小学校低学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

野村萬斎氏(狂言師)推薦!
『「狂言」を通して、表現の楽しさを子どもたちに伝えたい――。この「狂言えほん」シリーズが、小さな子どもにとっての最初の一歩になれば、私もうれしいです。』

〜「くさびら」は、こんなお話です〜
むかし、ある男がおりました。家にくさびら(きのこ)が生えてきて、取っても取ってもなくならないので、山伏にまじないを頼みにいきました。「わしにまかせなさい」と、えらそうな態度をした山伏が、「ぼろんぼろ ぼろんぼろ」とまじないをとなえると……くさびらは消えるどころか、数が増えてしまいます。山伏は必死になって、何度もまじないをとなえますが、くさびらはどんどん増えるばかり。ついには巨大なおばけくさびらが出てきて、男と山伏に襲いかかります。腰をぬかした2人は、たくさんのくさびらたちに追われて逃げていきました。

ベストレビュー

インパクト大

小学2年の子供達に読み聞かせしました。教室中爆笑!
まず不気味な絵で興味が.....
そしてやまぶしの ぼろんぼろ のまじないに食いついて
最後まで楽しめました。
狂言 日本の古典芸能に慣れる 古典芸能のおもしろさに
触れられる一端になるかと思います。

ぼろんぼろ...

今日一日この強烈なフレーズが頭からはなれなくなりそうです。
(ぱもみくさん 40代・ママ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


もとした いづみさんのその他の作品

ないしょのオリンピック / うんどうかいセブン / おおあたり! / 転校生は忍者?! / もも もも てんしの かぞえうた / さつまいもおくさん

竹内 通雅さんのその他の作品

ふたごだよ / ながぐつをはいたねこ / あいたくなっちまったよ / へんてこレストラン / ぶきゃぶきゃぶー / ぐるぐるぐるぽん



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

狂言えほん くさびら

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット