話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ドラねこまじんのボタン

ドラねこまじんのボタン

  • 児童書
著: 如月 かずさ
絵: コマツ シンヤ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年10月29日
ISBN: 9784034394502

小学低学年
210mm×160mm 79ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

道ばたでひろった秘密のあれやこれ。
大人には価値のわからない、ぼくだけのお宝コレクション!
「道ばたコレクション」のミッチの物語に、ファン待望の第二弾が登場です。

図書館で見つけた、魔法の呪文のことが書いてある本。
その中にある「欲しいと思っているものが見つかる呪文」を唱えると、なにかが空から落ちてきた!?
それは、ネコの顔が書いてある、奇妙なボタン。
そのうえなんとボタンには、魔法の力を持つ、ネコの魔神が宿っていた!

「おいらの力で、ごしゅじんさまのおねがいを、叶えてさしあげますにゃあ」
「えっ、ぼくのおねがいを⁉︎」
「もちろん、どんなおねがいも、どんとこいですにゃあ! お腹いっぱい、うみゃいものを食べさせてもらえれば」

魔神のボタンを食べ物のガラの服につけると、魔神はそのガラを食べることができるのです。

お仕事のアイデアが出なくて困っているお父さんを助けてあげるため、魔神にお腹いっぱいおいしいものをごちそうしようとするミッチ。
でも、服は高いし、食べ物の柄なんてあんまりないし、そのうえ魔神は好き嫌いがはげしくって、とってもワガママ!
ママやパパに協力してもらおうとしても——

「ま、まったまった、まってくだせえにゃあ! なんでおいらのことを、話にいかなきゃいけないんですにゃあ」

と、魔神に止められてしまいます。
なんだかこの魔神、ちょっぴり怪しいような——?

不思議で切ない、どこか幻想的なひと夏の出会いを描いた前作からは一転、こんどのコレクションは、なにやら危険で怪しいふんいき!?
でも、お父さんを思いやる気持ちや、悪だくみをあばかれた魔神に対する態度など、ミッチのやさしさにはやっぱり、ホッコリさせられます。

前作にひきつづき、コマツシンヤさんのさわやかなイラストもみどころ!
少し怪しげなドラねこ魔神ですが、泣いたり笑ったり、イタズラっぽくニヤリとしてみたり、表情ゆたかでなんとも憎めません。
ボヨンとした、どこかマヌケなシルエットもかわいいポイント。
クセのあるそのキャラクターや、かわいらしい見た目も相まって、個人的には続刊にも登場してほしい名マスコットです!

やっぱり目が離せない、ミッチの不思議なコレクション!
前作からはもちろん、今作から読んでも楽しい一冊です。



(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

なんでもあつめるのがすきなミッチが
ある日、ひろったのは
ねこのかおが かいてある ちいさな ボタン。
ふくにつけて こすってみたら ドラねこまじんが あらわれた!
コレクションが ふしぎをまきおこす シリーズ第2弾


ミッチは、花の種やきれいな石ころなど、道ばたでひろったものをコレクションしている男の子。
おとうさんと図書館へ行った帰り道、どこかから落ちてきたボタンをひろいます。ボタンにはねこのかおの絵が描いてありました。
ボタンを気に入ったミッチをみて、おとうさんがミッチのシャツにボタンをつけてくれます。すると、シャツにあったアイスクリームの柄がなくなり、不思議に思ったミッチがボタンをくすぐると、そこからドラねこまじんがあらわれたのでした。

おなかいっぱいにしてくれたら、なんでも願いをかなえる、というねこまじん。ちょっとあやしいねこまじんと、ミッチは、食べもの柄の服をさがしに買い物へいくのですが……。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ぼくは それをひろって おとうさんに たずねた。
「なんだろう、これ。」
「ふくにつける ボタンみたいだね。ほら、うらがわを みてごらん。」
「ほんとだ、糸をとおす あなが ついてる!」
 それにしても、かわったボタンだなあ。
ねこのかおが かいてあるボタンなんて、はじめてみた。
   (本文より)

ベストレビュー

子どもの頃を思い出すような作品です。

ミッチのコレクションが不思議を巻き起こすシリーズです。
今度のコレクションは空から落ちてきたねこの形のボタン。
ボタンを服に縫い付けてこすると、ドラねこまじんの登場だ!
このドラねこまじんがまた絵に描いたような小悪党っぷりには、舌を巻きます。前巻のセミクジラもそうですが、子どもの頃に感じた夏休みのワクワクを思い出します。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


如月 かずささんのその他の作品

うたうラッパ貝がら / なのだのノダちゃん(5) おもちゃの国へようこそ / NHKオトナヘノベル フォア文庫 SNS炎上 / なのだのノダちゃん(4) おねがい 流れ星 / ルキとユリーカのびっくり発明びより / 七不思議探偵アマデウス! 1 モーツァルトはミステリーがお好き? 1

コマツ シンヤさんのその他の作品

ながれぼしのランドセル / トラブル旅行社 砂漠のフルーツ狩りツアー / ミライノイチニチ / セミクジラのぬけがら / 総天然色自然科学漫画 カタツムリ 小笠原へ / 脱走ペンギンを追いかけて


絵本ナビホーム > > ドラねこまじんのボタン

えほん新定番 from 好書好日

ドラねこまじんのボタン

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット