新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
ゾウと ともだちになった きっちゃん

ゾウと ともだちになった きっちゃん

  • 絵本
作: 入江 尚子
絵: あべ 弘士
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月11日
ISBN: 9784834085655

3〜5歳
227mm×194mm 44ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

どうぶつえんできっちゃんは、ゾウを見てびっくり! 大きなからだ、ほうきみたいなしっぽ、おざぶとんみたいな耳。きっちゃんはゾウが大好きになります。ところが、ゾウたちはそんな彼女におかまいなし。つぎの日にまたどうぶつえんにやってきたきっちゃんは、ふと、あることに気づきます。「ゾウって、おかおがぜんぜんちがう、まぁるいおかおと、ながいおかお」そして日に日に、きっちゃんはゾウのとりこになっていくのです。

ベストレビュー

最強コンビによるゾウの絵本

どうして子どもたちはゾウが好きなのだろう。
 まど・みちおさんの有名な童謡「ぞうさん」の印象が強いのだろうか。
 それとも、やはりあの耳が大きくて長い鼻が特徴の造形が興味をそそるのだろうか。
 大きな体に似合わない愛くるしい目がかわいいのだろうか。
 いずれにしても、ゾウは子どもたちの人気者だ。

 この絵本の主人公きっちゃんもゾウが大好きだ。
 何しろ毎週のように動物園に出かけて、ゾウのおりの前で観察するのだから、好きも半端ではない。
 そして、ある時ゾウが話しかけていることに気づくのだ。
 そういったゾウの習性のあれこれがいっぱい詰まったゾウの絵本の作者入江尚子さんは、10年間ゾウの知能の研究をしてきたという女性。しかも、アジアゾウの足し算能力の研究で博士号まで取得している、いわば「ゾウ博士」。
 だから、この絵本の書いてあるゾウのことはみんな本当のこと。
 さらに絵を描いているのは、かつて旭山動物園で長年飼育係をしていたあべ弘士さんだから、あべさんの描くゾウの表情も本物。
 この絵本はそんな二人による最強のゾウ絵本なのだ。

 それにしても、ゾウが話しかけてくることあるなんて知らなかった。
 そういえば、まどさんの「ぞうさん」は「そうよ かあさんもながいのよ」って答えてくれている。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


入江 尚子さんのその他の作品

ゾウが教えてくれたこと (DOJIN選書: 92) ゾウオロジーのすすめ

あべ 弘士さんのその他の作品

リスのバナーテイル / よあけ / つきのばんにん / 灰色グマのワーブ / 動物なぜなに質問箱 / オサム


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > ゾウと ともだちになった きっちゃん

絵本が教えてくれる国際基準の性教育『女の子のからだえほん』

ゾウと ともだちになった きっちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット