新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
セント・キルダの子

セント・キルダの子

  • 絵本
作: ベス・ウォーターズ
訳: 原田 勝
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月18日
ISBN: 9784001126921

76ページ

出版社からの紹介

スコットランドの北西、セント・キルダ諸島。荒れる海に囲まれ、〈世界のはての島〉と呼ばれるこの場所で、人々は生きるための工夫をこらし、独自の文化を作り上げた。しかしそんなくらしは、1930年を最後に失われてしまう。自然へのおどろきと、そこで過ごしたなつかしい日々を、5歳で島をはなれた少年の目をとおして描く。

<< 訳者からのメッセージ >>
北大西洋に浮かぶ小さな島で、何百年にもわたって自給自足のくらしをおくり、独自の文化を守ってきた人たちがいました。彼らが島をはなれなければならなかったのは、外の社会とつながりをもちはじめたから……。世界がひとつになり、食べるものも着るものも外国でつくられたものにたよってくらしているわたしたち。人がこの地球上で生きていくとはどういうことなのか、改めて考えさせられる一冊です。
原田勝

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


原田 勝さんのその他の作品

信念は社会を変えた!(6) ブライアン・スティーヴンソン / 信念は社会を変えた!(2) ネルソン・マンデラ / 兄の名は、ジェシカ / コピーボーイ / 月でたんじょうパーティーをひらいたら / キャパとゲルダ ふたりの戦場カメラマン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > セント・キルダの子

今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

セント・キルダの子

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット