まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
リンゴちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リンゴちゃん

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 長崎 訓子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リンゴちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784591077757

小学校低学年〜

出版社からの紹介

マイちゃんのおばあちゃんが作ってくれたお人形のリンゴちゃんは、とってもわがまま。マイちゃんは仲良くなれるかな?

ベストレビュー

怖いけどかわいい!

リンゴちゃんはリンゴのぬいぐるみです。
まず表紙に、リンゴちゃんの全身が描かれていますが、黒目の部分がないデザインのぬいぐるみで、なんとなく怖さを感じます。背表紙のリンゴちゃんが、腰に手を当てて口をへの字に曲げ、歯を剥いているせいもあるでしょうか…
その印象のままページをめくり、読み進めていきますが、リンゴちゃんの言動はやっぱり怖くて、物語の中盤までずっと、リンゴちゃんは怖いという印象です。

リンゴちゃんの持ち主、マイちゃんは、リンゴちゃんを怖がり、されるがままになっていますが、ある時点で、恐怖は怒りに変化し、リンゴちゃんへの反撃を始めます。
その間、読者もマイちゃんと同じようにリンゴちゃんを怖がり、なんだかもやもやとした気持ちを抱えているような気がします。
ところが、マイちゃんの反撃を見て、勇気が沸き起こり、マイちゃんといっしょになって心の中でリンゴちゃんを攻撃しているのではないでしょうか。
結局、マイちゃんのとどめの一言で、すっかり立場が逆転してしまいます。今までの大きくて強気な態度のリンゴちゃんが、真っ青になり、赤ちゃんのように大声で泣き叫ぶ。その時、マイちゃんの気持ちになってリンゴちゃんを攻撃していた読者も、マイちゃんと同じように、リンゴちゃんの心の痛みを感じ取り、大きくて怖い存在だったリンゴちゃんの幼さと寂しさを知るのです。

ラストシーンで、存在を認められ、愛されはじめたリンゴちゃんは、とてもかわいらしく見えます。
初めはリンゴちゃんを憎たらしく思っていた子どもたちも、リンゴちゃんをウチに連れてきていっしょに遊びたくなるでしょう。
子どもたちも何か心に引っ掛かるものを感じるようで、何度も繰り返し読んでいました。
ちょっぴり怖くて、面白くて、子どもたちの心を耕してくれるような本だと思います。
上の娘が幼稚園児の頃に買った本ですが、今でも「あの本大好きだった」という本です。
(てんちゃん文庫さん 40代・ママ 女の子18歳、男の子15歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

ねこになっちゃった 角野栄子のアコちゃん絵本 / おばけのアッチ おもっちでおめでとう / かがみとチコリ / 「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 / ちびねこチョビ / 境い目なしの世界

長崎 訓子さんのその他の作品

パンダのポンポン(10) 魔法のハロウィン・パイ / パンダのポンポン(9) 空飛ぶ おべんとうツアー / 絵本 眠れなくなる宇宙といのちのはなし / パンダのポンポン(既8巻セット) / ポンポンクックブック / パンダのポンポン(8) 夜空のスター・チャウダー



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

リンゴちゃん

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット