話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
吉田謙吉が撮った戦前の東アジア 1934年満洲/1939年南支・朝鮮南部

吉田謙吉が撮った戦前の東アジア 1934年満洲/1939年南支・朝鮮南部

著・監修: 塩澤~珠江
出版社: 草思社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月01日
ISBN: 9784794224675

160ページ

出版社からの紹介

 築地小劇場の舞台装置家、今和次郎とともに考現学の創始者として知られるデザイナー、
吉田謙吉が80年前に自前のライカで撮った写真900枚が、著者ほか遺族の手元に残されていた。
建国初期の満洲や日中戦争時の広州・海南島、日本統治下の朝鮮南部。
子どもたちの表情や女性たちの姿、街の賑わいや市場。
近代的視点の謙吉がとらえた占領下東アジアの一側面。

写真の解説は1章の満洲が満州史研究の松重充浩氏(日大文理学部教授)、
2章の南支(広州、華南島)が近現代史の小池聖一氏(広島大学教授)、
3章の朝鮮南部は塩澤珠江氏が担当。
解説者たちは、同時期の他の写真にはない、ありのままの現地をとらえていると
謙吉の写真を評価している。

写真史の研究家、白山眞理氏は本書の解説の中で、
「(当時の満洲)外地の日常生活をこんな風に虚飾なく追った写真は珍しい。
なにしろ、新しい国であった満洲は、大陸の異国情緒を強調し、
日満融和を表す演出写真を対内外宣伝に使っていたのだ。
内地からの撮影には現地案内者による監視や誘導があり、
撮影後に検閲やネガ提出を求められたり、発表時には媒体によるコントロール等もあった」と書いている。

<目次より>はじめに
本書について
1930 年代東アジアの地図

1章 1934年夏 満洲篇
満洲国・1934 年
古都・奉天
建設される首都・新京
国際都市・哈爾濱
炭都・撫順

2章 1939年春 南支篇
華南―南方への進出拠点
廈門―上陸、大陸への第一歩
広東作戦
海南島の占領

3章 1939年夏 朝鮮南部篇
日本統治時代の朝鮮半島
南鮮@
映画『奥村五百子』 の撮影
南鮮A

解説 吉田謙吉の写真 外地の日常生活を虚飾なく撮る 白山眞理
監修者あとがき 松重光浩
おわりに 塩澤珠江
執筆者略歴
吉田謙吉 略年譜

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国歴史 > 吉田謙吉が撮った戦前の東アジア 1934年満洲/1939年南支・朝鮮南部

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット