新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
大きい1年生と小さな2年生
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大きい1年生と小さな2年生

  • 児童書
作: 古田 足日
絵: 中山 正美
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「大きい1年生と小さな2年生」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1970年03月
ISBN: 9784035110101

小学初級から
23cm×19cm 166ページ

7〜8歳 編集部おすすめ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学2年生向けベストセレクション

みどころ

体は大きいけれど弱虫の1年生のまさやと、体は小さいけれどしっかり者でけんかも強い2年生のあきよ。このお話に出会う子どもたちは、それぞれどちらにより共感するでしょうか?

1年生になったばかりのまさやは家から学校までの「がけのあいだのみち」がこわくて仕方がありません。狭くて暗いし、木はしげっているし、時々カラスも鳴いていてこわいのです。けれどもお母さんからひとりで学校へ行くのよ、と言われ困っていると、次の日、2年生のあきよを含めた子どもたち四人が迎えにやってきて、まさやはあきよに手をつないでもらって登校するようになります。まさやはあきよがいるだけで心強い気持ちになり、だんだんあきよの強さとしっかりとした様子に憧れるようになります。その一方であきよもまた、まさやを見守ることによって、体は小さくても自分は大きいのだという自信が湧いてくるのでした。

そんなある日、事件が起こります。
あきよが好きな「ホタルブクロの花」を、「じんじゃの森」に探しに行くことになったあきよとまり子(あきよの友達)とまさや。傷を作りながらもあちこち探して、やっとの思いで二つだけ手にするのですが、帰り道に3年生の男の子たちとケンカになり、ようやく手にした花が踏みつぶされてずたずたになってしまったのです。そこで、まさやは初めてあきよが泣く姿を目にします。驚きながらも、「なかないで、あきよちゃん。ぼく、あきよちゃんに、きっと、ホタルブクロをとってあげるよ。もちきれないほど、いっぱいね。」と言うまさや。そして1週間後の日曜日、さまざまなきっかけに背中を押されて、まさやは「ホタルブクロの花」がたくさん咲いているという、普通はバスで行くような遠い「一本スギの森」に向かって歩きだすのでした。ひとりで学校への道も通れないまさやでしたが、道中、どんな体験をしていったのでしょうか。

こわいものがたくさんあるまさやも、体が小さいことに強いコンプレックスを持っているあきよも、それぞれの悩みは本人たちにとっては深刻なものでしょう。大人も読んでいるうちに自分が子どもの頃に感じていた悩みや感情がまざまざと思い起こされ、子どもたちが目にしている毎日や世界をありありと感じられるような体験をするのではないでしょうか。中でも「しっかりする」というのは、いったいどういうことなのか?とまさやが考える場面では、小学生になったらしっかりしなさい、しっかりしなくちゃいけない、と言われるのは昔も今もずっと変わらないテーマなのだな、と思わせられてしまいました。

1970年の刊行以来、2020年の今年で50年も読み継がれているこちらのお話は、『おしいれのぼうけん』『ロボット・カミイ』でおなじみの児童文学作家古田足日さんが残された名作です。小学1、2年生の子どもたちが抱える不安や悩みはどんなに時代が変わっても変わらない普遍的なものであること、しかし、きっかけさえあれば、短い間でぐんと成長するたくましさを秘めている存在であること、まさやとあきよがお互いの関わりの中で成長していく姿に子どもたちは子ども同士の関わりの中で育っていくという真理を見たりなど、何度読んでも胸を打つものがたくさん詰まっています。

ぜひ子どもたちが1、2年生のうちに出会わせてあげたい作品です。しかし長さは166ページとボリュームがありますので、1、2年生でひとりで読めるという子はなかなかいないでしょう。内容もハラハラする場面がたくさんありますので、はじめはぜひ、大人がお話の案内人となって読んであげることをおすすめします。「ぼく、おなか すいたあ」「子どもには、たいていのみちは、はじめてのみち」「しんせつなおじさんか? ゆうかいはんか?」など、魅力的な表題で13章に章立てされていますので、毎日1章ずつ読んでいくというのもいいですね。子どもたちへの応援の気持ちをたくさん込めながら、ぜひご家庭や教室で、子どもたちに読んでみませんか。


(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

泣虫の一年生まさやと、しっかり者の二年生あきよの友情と自立の物語。

ベストレビュー

自立・ひとり立ちを描いた作品

「おしいれのぼうけん」「ダンプえんちょうやっつけた」の古田足日さんの作品だということで、とても楽しみに読みました。

166ページ13章、かなり読み応えのある作品です。
毎晩寝る前に1日2章づつと決めて読むことにしましたが、「お願い、もう少し読んで!」と息子に懇願されることも多く、5日間で読みました。

体は大きいのにお母さんに頼ってばかりで、精神的にはとてもひよわな1年生の「まさや」。
体は小さいけれど自分の気持ちに真っ直ぐに行動することができる、しっかり者の「あきよ」。
対照的な2人ですが、友達になって時間を共有するうち、しだいにお互いのことを理解するようになっていきます。

「まさや」は勝ち気に見える「あきよ」にもコンプレックスなど複雑な心情があるんだと知ります。
そして、そんな「あきよ」のために大冒険に立ち向かうのです。
「あきよちゃんを喜ばせたい!」という一心で。

終盤、強い気持ちで不安をはねのけていく「まさや」の大きな成長を感じ、読んでいてウルウルでした。

子どもは子どもの中でたくましくなっていく。
子ども同士の遊びの時間はかけがえのない大切なもの。
そんなことも感じました。

子どもの心情の奥の奥まで細かく書かれていて、友情と自立をありありと描いたとても素晴らしい作品でした。
(カトリーヌみどりんさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


古田 足日さんのその他の作品

全集古田足日子どもの本(全13巻・別巻) / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(1) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(4) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(5) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(6) 古田足日子どもの本 / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(7) 古田足日子どもの本


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 大きい1年生と小さな2年生

似ているのはいや?自分やお友達の良いところを見つけよう

大きい1年生と小さな2年生

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.85

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット