話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
破滅篇  白い大陸が燃えるとき/ひとつの装置

破滅篇 白い大陸が燃えるとき/ひとつの装置

  • 児童書
著: 星 新一
絵: 鈴木 康士
編集: 日下 三蔵
出版社: 汐文社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月25日
ISBN: 9784811327556

224ページ

出版社からの紹介

ライトノベルやSFマンガの源流となった初期SF作品から、親しみやすいショートショート・短篇を集めたアンソロジーシリーズ。
人類はどうやって滅亡するか? 文明が滅んだ後、地球はどうなるか? 想像力の限界に挑戦する破滅SFの傑作を収録しました。
解説では、国内外の破滅SFの名作を数多く紹介しています。


収録作品:
矢野徹「海月状菌汚染」
福島正実「白い大陸が燃えるとき」
筒井康隆「到着」
平井和正「世界の滅びる夜」
横田順彌「かわいた風」
川又千秋「双星記」
星新一「ひとつの装置」

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


星 新一さんのその他の作品

あれこれ好奇心 / きまぐれエトセトラ / 友を失った夜/とりひき / おーい でてこーい/鏡のなかの犬 / サーカスの旅/薬と夢 / ユキコちゃんのしかえし

日下 三蔵さんのその他の作品

頭の中の昏い唄 / くらげ色の蜜月 / 吸血鬼飼育法 完全版 / キスギショウジ氏の生活と意見 / 怪獣篇 群猫/マタンゴ / 超能力篇 予知の悲しみ/闇につげる声


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 破滅篇 白い大陸が燃えるとき/ひとつの装置

今月の新刊&オススメ絵本情報

破滅篇 白い大陸が燃えるとき/ひとつの装置

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット