季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
神様のパッチワーク

神様のパッチワーク

  • 児童書
著: 山本 悦子
絵: 佐藤 真紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2020年09月09日
ISBN: 9784591167540

135ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おれには、お母さんがふたりいる。ひとりは今のお母ちゃん。赤ちゃんのときから育ててくれているお母さんだ。もうひとりは、生んでくれたお母さん。おれは、生まれてすぐ、特別養子縁組っていうので、うちの子になった──。
主人公は、小学4年生の結。姉と父、母とともにみかん農家の家で毎日を楽しくくらしている。姉の香も母がふたり。ふたりとも特別養子縁組でいまの家族の一員になった子どもなのだ。このことは地域の人たちも知っていて、かくすことなく暮らしている。
ある日、結の担任の先生が「二分の一成人式で読む手紙を書きましょう」と。家族への感謝と将来の夢を書くのだという。同じクラスの友だちに「結はみかん農家をつぐための養子だろ」といわれ、転校生のあかねに「結くんは〈フコウナオイタチ〉でかわいそうだけどがんばってるね」といわれ……。「おれは、そういう理由でこの家にきたのか? 〈フコウナオイタチ〉なのか?」
そして、姉の香がクラスの男子をなぐったという事件がおこる。そして香は、母親の趣味であるパッチワークに「うちはこのパッチワークみたいに、バラバラなものをくっつけただけじゃん!」と。走って家を飛びだす香。追いかける結。結は思う。
「おれはお姉ちゃんの気持ちもわかった。血がつながってなくても家族は家族。全然平気だし、ふつうだし、しあわせだ。わかってるけど『かわいそう』とか『すてられる』とかいわれると、不安になる。足もとがぐらぐらしてくる。どんな親でも血がつながっていれば、幸せなのか。血がつながってなくても大切に育ててくれる親といた方が幸せなのか。どっちの方が幸せなのかはわからない。わかってることは、おれはお父ちゃんとお母ちゃんが、世界でいちばん好きで、おれのことを世界でいちばんすきなのもお父ちゃんとお母ちゃんだってことだ。お姉ちゃんのことをいちばんすきなのも、お父ちゃんとお母ちゃんだと思う。お姉ちゃんだって、きっとそうだ。だから、うちは、すきなものどうしの幸せな家族なんだ」

本作のいちばんの魅力は、結とその家族の人間味あるあたたかさ。みかん畑で誇りを持ってはたらく父、おいしいみかんのおやつを作ってくれる母、そしてくったくのない明るさを持つ結。
家族にはさまざまなかたちがある。でも、どんなかたちでも家族は家族。みんなすてきな毎日を生きている……そんなことをしみじみと感じる物語です。

ベストレビュー

2020年に出会った私の好きな子どもの本の中の1冊

2020年9月、山本さんの待望の新作を購入して、ずっとレビューが書けずにいた。

その間、大人の小説であるが『朝が来る』『わたしの美しい庭』などを読んだ。

そして、思ったことは、生さぬ仲の子どもを育てるに至った背景と、
引き取るまでにとてつもない覚悟がいるということ。

私の好きなくだりは、お父ちゃんが香の心を傷つけた山口くんに引き取った経緯を話し始めるところだ。

この場面は、何度読み返しても、涙なしには読めないし、血のつながりに関係なく、子どもを全身全霊で守るということは、こういうことだと思う。

家族のあり方が多様化して、血のつながりがあっても不幸なケースはある。

いろいろ大人目線で感想を書いてしまったが、物語は明るく笑いもあり、本当に素敵な家族の日常が描かれている。

2020年に出会った私の好きな子どもの本の中の1冊である。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

山本 悦子さんのその他の作品

先生、感想文、書けません! / ボーダレス・ケアラー 生きてても、生きてなくてもお世話します / はっぴょう会への道 / がっこうかっぱのおひっこし / 今、空に翼広げて / 犬がすきなぼくとおじさんとシロ

佐藤 真紀子さんのその他の作品

さかな・食べるのだいすき! / ごはんだいすき! / 食物の流通と栄養 / トカゲのしっぽ 約束のかたち / 月にトンジル / ごいっしょさん



2022年1月の新刊&おすすめ絵本

神様のパッチワーク

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット