話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
ねこは すっぽり

ねこは すっぽり

  • 絵本
文: 石津 ちひろ
絵: 松田 奈那子
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月14日
ISBN: 9784772102506

3〜5歳
200mm×210mm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

猫は、どんな時だって、気ままで自由にふるまい。よく遊び、よく食べ、そしてよく眠る。そんな姿を見ながら、人間である私たちはうらやみ、憧れてしまうのでしょうか。この絵本には、みんながイメージする大好きな猫の仕草やポーズがたくさん登場するのです

「ごろりーん ごろりーん」

猫は好きな場所でごろりーんとするよね。

「のびーん のびーん」

うんうん、うちの子もこんな風に気持ちよさそうにのびをする。

「がりがり」「くるくる」「ぴたぴた」「ぺちゃぺちゃ」

こんな音を聞いているだけで、何をしているかわかっちゃう。
ああ、可愛いなあ。ああ、落ち着くな。

松田奈那子さんがのびやかな楽しい線で描きだすのは、幸せそうな猫の一日。そこに踊り出したくなるほど軽やかな言葉をのせる石津ちひろさん。その一つ一つの場面が見逃したくないほど愛おしい! 幼い子どもたちの心も浮き立たせてくれるような鮮やか配色や装丁も素敵です。

「ねこは すっぽり」

また最初から読んじゃおうかな……。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ごろりーん ごろりーん ねこはすきなばしょで ごろりーん。のびーんと伸びたり、爪でがりがりしたり、ぺちゃぺちゃ食べたり、すっぽりはまったり。どこまでも自由で幸せそうなねこの一日を、のびやかな線と、特色刷りの鮮やかな色で描きました。楽しいオノマトペも、幼い子どもの心をとらえてはなしません。大人も子どもも、みんな一緒に、ごろりーん、のびーん、ぴとーん。

ベストレビュー

猫好きにはたまらない

こぐま社の新刊って久々のような…と思って手にとった一冊。
表紙のダンボールからのぞいている姿がたまらなくかわいいですね。
自由気ままなねこの特徴を上手くとらえて、かわいく描いた一冊。
猫好きにはきっとたまらないと思います。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

石津 ちひろさんのその他の作品

おにぎり! / しぜんのおくりもの / なぞなぞのにわ / アルフィー (ゆくえふめいになった カメ) / まほうのハッピーハロウィン / かぞえてみよう どうぶつスポーツたいかい

松田 奈那子さんのその他の作品

ふーってして / おばけきょうだい はじめてのハロウィーン / どたんばたん おるすばん / まる / でこぼこぬりぬりなにがでる? / どこどこ山はどこにある



2月の新刊&オススメ絵本情報

ねこは すっぽり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット