新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
もちの絵本

もちの絵本

作: 江川 和徳
絵: 竹内 通雅
出版社: 農山漁村文化協会(農文協)

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,750

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784540032042

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

正月の雑煮は神様と食べるごちそう。ペッタンもちつきのやり方から保存、食べ方、鏡もちの飾り方などをイラストで。各種からみもち、丸もち、のしもち、豆もち、草もち、雑穀もち、干しもち、雑煮とおもちがたっぷり。

ベストレビュー

見るだけで楽しくて力がつきそう

お餅の総合入門書。餅の作り方(つき方)、加工品、材料のもち米の性質。いろんな種類の餅。餅の役割。昔の生活…農村で杵と臼で、人力で餅をついていたこと〜工場で加工された餅がスーパーに並んで年中食べられるようになった現代までの、いろいろな餅の物語を紹介する絵本。巻末には専門家向けのような詳しい話も。

日本各地で違う餅と餅料理、アジアの餅のつき方など、知らないことが多くて驚く。子ども向けの本だが、情報量が多く専門的な内容もかなり含まれているので、大人も十分楽しめる。

私は実家が農家で、祖父母がかまどで炊いた(ふかした)もち米を、昔ながらの臼と杵で持ちについていたのを見ている。それが本当の餅だと思っていたので、スーパーなどで売っている機械でついた餅は食感も味も全然違う別物だと思っていた。
その近代的な餅を開発する話も、最後に少しだけ書かれていた。カビが生えないように工夫した包装や、開発の大変さがわかった。お客さんの要望にこたえた「夢の餅」。

かきもち(せんべい)の作り方も載っていて、前から気になっていた「軒下にぶら下がっている」加工品の作り方もわかり、早速年末にやってみようとワクワク。楽しい絵本であり、実用書でもあります。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

竹内 通雅さんのその他の作品

ふたごだよ / ながぐつをはいたねこ / あいたくなっちまったよ / へんてこレストラン / ぶきゃぶきゃぶー / ぐるぐるぐるぽん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 家事 > もちの絵本

3月の新刊&オススメ絵本情報

もちの絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット