話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜

2歳 シールであそぼう 〜どうぶつ・おみせやさん・ひらがな・ちえ〜(学研)

おうち時間もお出かけも、この1冊で楽しく過ごせる!ハンディサイズのワークブックです!

  • 学べる
  • 役立つ
ふぶきのあした

ふぶきのあした

  • 児童書
作: 木村 裕一
絵: あべ 弘士
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「あらしのよるに」シリーズ第6部完結編!

仲間たちの目の前で、ともに川の中にすがたを消したヤギのメイとオオカミのガブ。うらぎり者として追われることになった2ひきの、禁断の友情の結末はどうなる?

「一片のどぎつさもないのに、息をのむサスペンスで、読み始めたら大人でも止まらなくなります。
子どもに読み聞かせたら、きっと、生きる楽しさや重さが、静かに胸に入っていくでしょう」
脚本家内館牧子さんも絶賛のシリーズ!

ベストレビュー

「自分」として生きること

激流に飛び込んだガブとメイの決死の逃亡。
オオカミたちの迫るなか、ふたりで生きる希望をつかもうと、“みどりのもり”を目指します。
その道中、お互いがオオカミであることとヤギであることに悩み苦しみます。生き物を殺さなくては生きられないオオカミと、生き物を殺さずして生きるヤギ。当然、ガブが動物を食べてくれば、メイは嫌な思いをします。しかし、二ひきはそれすらも乗り越えて友情を保たなくてはなりません。そんな二ひきの姿も注目すべき。
そして、この6冊目の重要なメッセージ――「自分」の生きた時間に誇りを持てるよう生を全うすること。
メイが、雪山で空腹と寒さに打ちのめされかけ、ともに大切な時間を生きてきたガブに自分をエサとして差し出す場面は、ガブの友だちとして最後まで生を全うしようとするメイの強い思いを感じます。
そしてガブも、最後までメイのために生を全うしようと、追ってきたオオカミたちに立ち向かいます。
オオカミとして、ヤギとしてではなく、ひとりの「自分」として生きるガブとメイの強さに心を揺り動かされます。
(ラッキードルフィンさん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

木村 裕一さんのその他の作品

いたずら おおかみくん / 点字つきさわる絵本 あらしのよるに / もりがもえた / めざせ!動物のお医者さん / ウルトライックメン ひとりでおでかけ だいぼうけん / 使える!役立つ!はつめい工作

あべ 弘士さんのその他の作品

ゾウと ともだちになった きっちゃん / オオカミ王ロボ / えほん なぞなぞうた / 短編集 あらしのよるに / ちび竜 / しもやけぐま



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

ふぶきのあした

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット