新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ
紙屋ふじさき記念館  物語ペーパー 2

紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー 2

著: ほしお さなえ
絵: おかざきおか
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥704

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年09月24日
ISBN: 9784041097755

288ページ

出版社からの紹介

名古屋で行われた紙こもの市への出店を手伝った百花と莉子は、終了後、美濃和紙の産地に立ち寄る一成に付いていくことに。和紙すきを体験したり、かつての職人たちの歴史を学ぶ2人。旅行中の会話で、忙しかった両親に代わり、一成が祖母で前社長夫人の薫子に育てられたこと、それで彼が紙に対して誰よりも愛情を抱くようになったことを知る。大手製紙企業の藤崎産業は同族会社で、先代の祖父から一成の叔父が現社長に就いていた。その息子で一成のいとこ浩介は、昔から何かにつけ一成をライバル視し、営業課長として記念館の不要論を唱えているという。「なくなることをあきらめていたけど、記念館は残さなくてはいけない、と思うようになった」。一成の言葉を受け、百花も奮起し応援する気持ちになる。ある日、浩介が顧客のジュエリーデザイナー雫を連れて、記念館に現れるが……。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ほしお さなえさんのその他の作品

ものだま探偵団5 ふしぎな声が町じゅうで / 紙屋ふじさき記念館 故郷の色 海の色 / 菓子屋横丁月光荘 文鳥の宿 / 活版印刷三日月堂 海からの手紙 / 活版印刷三日月堂 庭のアルバム / 活版印刷三日月堂 雲の日記帳

おかざきおかさんのその他の作品

ぬいぐるみ専門医 綿貫透のゆるふわカルテ / おいしいベランダ。 8番線ホームのベンチとサイダー 8


絵本ナビホーム > 一般 > 文庫 > 日本文学、小説・物語 > 紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー 2

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット