新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

どうして なくの?

どうして なくの?

  • 絵本
文: フラン・ピンタデーラ
絵: アナ・センデル
訳: 星野 由美
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2020年11月26日
ISBN: 9784033286501

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
250mm×290mm 33ページ

みどころ

続きを読む

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

おとなの涙

小さい頃、おとなが泣くのを見るのは不思議な気持ちだった。

自分がおとなになった今では、泣くのには色々な理由があるのが分かるが、それをいちいち立ち止まって考えたりはしない。

この本は、子どもに聞かれた母親が話して聞かせる形式で、色々な涙の意味を教えてくれる。そうして、おとなになっても泣いてもいいんだと教えてくれる。

涙を流すことで救われることもある、そんな当たり前のことに気付かせてくれる。

アナ・センデルさんの落ち着いた絵も、子どもとゆったりとした時間を過ごすのにおすすめです。
(長距離走者さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,540円
1,650円
1,430円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,540円
275円
385円
385円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

どうして なくの?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら