話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

かいじゅうごっこ

かいじゅうごっこ

  • 絵本
作: ルーシー・カズンズ
訳: 木坂 涼
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年01月28日
ISBN: 9784032016604

3〜5歳
270mm×260mm 33ページ

みどころ

ぱっと目を引く鮮やかな色、味のある手描きの線に、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、『かいじゅうごっこ』の作者は、世界的に人気の高い「メイシーちゃん」シリーズのルーシー・カズンズさんです。

主人公のガブリエルは、かいじゅうごっこが大好きな3歳の男の子。かいじゅうごっこでは、家族や周りの人たち、猫や花までもが怪獣に大変身!(もちろん、想像の世界の見立て遊びですよ)。

例えば、お姉ちゃん。
とがった歯と緑色の体と毛むくじゃらの足になっちゃいました。食べちゃうぞと言いながらガブリエルを追いかけてきます。

「やだよ やだよ
つかまるもんか!」

行く先々で出会う怪獣から、うれしそうに逃げるガブリエル。でも、とうとうママが変身した怪獣に捕まって、今度はガブリエルがちびっこ怪獣になっちゃいました。眠くなったちびっこ怪獣に、たくさんのキスをするママ怪獣。ちびっこ怪獣のガブリエルは、やっぱりうれしそう。

道具やおもちゃがなくても想像力があればできちゃうごっこ遊び。ルーシー・カズンズさんは、お孫さんとかいじゅうごっこをしたことを思い出し、このおはなしを書かれたそうです。怪獣になったつもりで迫力満点に読んで、親子で掛け合いをしながら読むのもおすすめです。

(近野明日花  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ぼく、ガブリエル、3歳。うちにはかいじゅうがいるんだよ。おねえちゃんやおじちゃん、ねこやおばあちゃんにママまで、すごい顔の大きなかいじゅうになって、ぼくをおいかけてくるんだ。でも、ぼく、つかまるもんか!
最後は、ママに抱っこされたガブリエル自身がみどり色のかいじゅうになって――。

幼児が大好きな見立て遊びとくりかえしが楽しい絵本です。
子どもはちょっとドキドキしながらも安心して楽しめるので、コミュニケーションにぴったり。
作者は、世界的ベストセラー絵本〈メイシーちゃん〉シリーズでおなじみのルーシー・カズンズ。孫が小さいころ、家族でかいじゅうごっこをした体験から生まれた作品です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルーシー・カズンズさんのその他の作品

ぼくはきつつきだから / メイシーのガーデニング / メイシーのおんがくバンド / メイシーのことばえほんあれなあに? / メイシーのたのしいいちにち / 新装版 ザザのちいさいおとうと

木坂 涼さんのその他の作品

かえりみち / にちようびは パンケーキ! / のねずみくんのもりの1ねん / いっしょにいこう / こねこのケイティ / やぁだ!


絵本ナビホーム > > かいじゅうごっこ

みんなで参加しよう!えほん祭

かいじゅうごっこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット