新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
だれかのプレゼント

だれかのプレゼント(文溪堂)

『100にんのサンタクロース』谷口智則さん待望の新作サンタ絵本

レミーさんのひきだし

レミーさんのひきだし

  • 絵本
作: 斉藤 倫 うきまる
絵: くらはしれい
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年11月04日
ISBN: 9784097250845

小学全般
32ページ

みどころ

ひとり暮らしのレミーおばあさんのおうちに、小さなタンスがありました。
おばあさんが大切にしているそのタンスの一番下のひきだしに、何が入っているのかというと……?

ほら、耳をすますと聞こえてくる、楽しげなささやき声。
声の主は、ひきだしの住人たちだったのです。
ここには、空っぽになった空き瓶やブリキ缶、セーターだった毛糸玉や、花束を結んでいたリボンが入っていました。
そこへ “宝石みたいなチョコレート”を彩っていた茶色の小箱が新しく加わります。
みんなは、次の活躍の場が訪れるのを待っているのでした。

春の終わり、ひきだしの隙間から光がさしこみ、レミーさんの手が入ってきます。
取り出された丸っこい空き瓶は、いちごジャムをたっぷり入れられてうれしそう。
夏は背高のっぽのガラス瓶が取り出され、夏野菜のピクルス入れに。
金色のリボンも、ほどけかけた端をレミーさんに整えられ、子ねこの首を飾ります。

でも……。
小箱は“いいなあ”と、暗いひきだしの中でため息をつきます。
何かに使ってもらえるチャンスがなかなか訪れないのです。
「わたしなんて……」と落ち込むのですが、そこへ町はずれに住むレオおじいさんがやってきて、ひきだしから選び出したのは……!?

閉められたひきだしの暗闇、レミーさんが伸ばし入れる手、光あざやかな外の世界が交互に展開する、コントラスト。
“次は私?”“ああ、また私じゃなかった”
不安と期待を胸いっぱいに、待ちつづける小箱に、読者もドキドキ。
装いを新たにした仲間たちを羨ましがる気持ちが切ないです。

文章は『はるとあき』に続きタッグを組んだ斉藤倫さんとうきまるさん。
四季の移り変わりの美しさと、ささやかな交流からあたたかい幸福感が生まれるストーリーが光ります。
本作が絵本デビュー作となる、くらはしれいさんの、異国情緒漂うレトロな絵の愛らしさ、大人っぽい色使いにうっとり。

かわいい小物の再利用にときめく心は、子どもからおじいさん・おばあさんまで同じですよね。
後半の粋なストーリー展開にも、ぐっーと引き込まれて……。
子どもはもちろん、大人にもおすすめしたい、良質の映画のような絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

耳をすますと、聞こえてくるのは誰の声?

レミーおばあさんのたんすのひきだしには、かつて活躍したたくさんの小物たちがしまわれています。
ある日そこに、チョコレートを宝石のように彩っていた小箱が仲間入り。周りのみんなは、次はどんな役割を与えられるか、ドキドキしていました。時が過ぎるにつれて、小物たちはレミーさんに新しい役割を与えられ、嬉しそうに、次々とひきだしの中から旅立っていきます。だんだんさびしくなっていくひきだしの中で、次第に不安になる小箱。
そんなとき、レオおじいさんが訪ねてきました。

【編集担当からのおすすめ情報】
このお話にでてくる小物たちは、かつて大活躍した小物ばかり。今は役目を終えて、ひきだしの中にしまわれていますが、みんな、次はどんな役割を担うのか、不安と期待でいっぱいなのです。
なんだか、自分に置き換えてしまいそうです。まだ見ぬ未来の自分に希望を持つ小物たちを、応援したい気分になりました。
物も人間も、人生はいいことと、そうでもないことのくり返しなのかも知れませんね。前作『はるとあき』に次ぐ斉藤倫+うきまるワールドを、絵本デビューとなるくらはしれいさんの、少しレトロで異国情緒漂うかわいい絵で彩ります。たくさんのみなさんに読んでいただけたら幸いです。

ベストレビュー

素敵お話と絵

かわいい空き箱や瓶など、置いておくけど、なかなか再利用できずに放置してしまったり・・・。なので、レミーさんのくらしぶりがいいな、とよみすすめていけば・・・、ロマンチックな展開にびっくり!そして、お話にぴったりの素敵な絵。大人のための絵本という感じで、心にのこりました。
(あんじゅじゅさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆきだるまの クリスマス!
    ゆきだるまの クリスマス!
    作:キャラリン・ビーナー 絵:マーク・ビーナー 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    絵の中にネコやサンタ、いろんなものが隠れているよ!探してみてね!
  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

斉藤 倫さんのその他の作品

あしたもオカピ / 飛ぶ教室 第65号 ひみつのはなし / さいごのゆうれい / レディオワン / まちがいまちに ようこそ / はるとあき

くらはしれいさんのその他の作品

クーちゃんとぎんがみちゃん ふたりの春夏秋冬 / 王さまのお菓子


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > レミーさんのひきだし

『ふしぎな森のものがたり』あいはらひろゆきさん&ちゅうがんじたかむさんインタビュー

レミーさんのひきだし

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット