新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
みどりバアバ

みどりバアバ

  • 絵本
作: ねじめ 正一
絵: 下田昌克
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月20日
ISBN: 9784494016365

小学低学年
207mm×222mm 39ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

花屋のみどりバアバが作るコロッケは、大きくておいしい。バアバは「毎日お花を手でさわって、お花の栄養をいっぱいもらっているからだよ」と、こうくんに手を見せてくれた。でも、やがて右手に力が入らなくなり、バアバはしんでしまう。こわくなって涙が出てきたけれど、花屋の栄養たっぷりのバアバの手をさわったこうくん。お葬式が終わった夜、みどりバアバのお店にいくと…。バアバと向き合う男の子の気持ちを丁寧に描く。
みどりバアバが「花屋はわたしにとって、生きることなんだよ」と言ったとき、「そうだよ。みどりバアバの生きるなんだよ!」と応援したこうくん。そんなこうくんが、みどりバアバの死とどう向き合うのか…。認知症の母親を毎日介護し、「生きる」と向き合い、その死とも向き合ったねじめ正一が、みどりバアバとこうくん、父さんの心の機微をあたたかなまなざしで描いた作品。

ベストレビュー

素敵なおばあちゃん

お花屋さんの仕事が生きがいのおばあちゃん
みんなにふるまう手作りコロッケが美味しそうです
お花屋さんの仕事は、きれいなお花相手で
きれいなお仕事のように思われますが
指を見ればわかりますよね
みどりバアバの指先も、職人の指のようです

でも・・・
みどりバアバの最期の様子を
丁寧に、主人公のこう君
(みどりバアバだけは、こうちゃんと呼びます)
の気持ち、目線で
描き出しています

手が動かなくなったみどりバアバに対する
お父さんの対応の仕方について
でも、みどりバアバが亡くなった後の
お父さんの気持ちを汲み取っています
大事なことですね

どこにでもいるような
やさしいおばあちゃん
一生懸命生きたおばあちゃん
も〜〜〜っ、涙ぽろぽろ
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ねじめ 正一さんのその他の作品

はなやのおばさん / なつのキリンピック / とうさんの てじな  / 惚れるマナー / みどりとなずな / ぞうさんうんちしょうてんがい

下田昌克さんのその他の作品

すき焼きを浅草で / 死んだかいぞく / かきバターを神田で / りこうな子ども アジアの昔話 / 恐竜がいた / そして



今月の新刊&オススメ絵本情報

みどりバアバ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット