話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
怪物園

怪物園

  • 絵本
作: junaida
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月04日
ISBN: 9784834085860

小学低学年
261mm×193mm 40ページ

出版社からの紹介

遠くから眺めると、それはお城のようでした。けれども、屋根には目玉、窓からは、毛むくじゃらの手、蹄のついた長い足もあります。みんなはそれを怪物園と呼びました。怪物園は、たくさんの怪物たちをのせて、長い旅を続けていました。ある夜、怪物園が眠ったすきに、外の世界へと抜け出した怪物たちは、街までやって来ると、通りを行進しはじめました。『Michi』『の』のjunaidaがつむぐ、どこかのだれかの物語。

怪物園

ベストレビュー

たくましい子どもたち

junaidaさんの作品ということで手に取りました。
何ともおどろおどろしい題名に、表紙絵の怪物たち。
でも、何だか親しみやすさを感じてしまい、ページを開きました。
はるかいにしえの時代から、という冒頭で、一気にjunaidaワールドへ。
怪物園が、動く家のような生き物であることが一気にわかります。
そして、ある夜、うたた寝している間に、怪物たちが行進を始めるというのです。
町を歩き、町の人が外出できなくなる状況、何だか今の世界に通じるものを感じます。
退屈した子どもたちは、想像力で遊び始めますが、
そのたくましさに拍手!です。
しかも、その世界が楽しいのが、怪物たちの行進と対比され、
魅力倍増です。
そして、両者は空想の中に溶け合います。
まさに子どもならではの力だと思います。
スタイリッシュな世界観、やはり素敵です。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


junaidaさんのその他の作品

 / Michi / せなか町から、ずっと / HUG



「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

怪物園

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット