話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ハブラシのサミー ―海のなかのプラスチック―

ハブラシのサミー ―海のなかのプラスチック―

  • 絵本
著: M・G・レナード
絵: ダニエル・リエリー
訳: 青山 南
出版社: 化学同人 化学同人の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月20日
ISBN: 9784759821024

小学低学年
26ページ

みどころ

6歳の女の子ソフィアは、お気に入りの黄色いハブラシに、サミーと名前をつけて大切にしていました。
ところが、朝晩と欠かさずソフィアの歯をきれいにしていたサミーは、ブラシがボサボサになってしまいます!

「あら、あら! あたらしいハブラシにしないと」
それを見つけたお母さんは、サミーをゴミ箱に捨ててしまいました。

車で運ばれ、やがて船に乗り、海を渡って、どこかの遠い国についたサミー。
しかし、ゴミとして捨てられてもソフィアのことが忘れられないサミーは、ネズミの力を借りて川に飛び込みます。
いざ、海へ! そして、ソフィアのもとへ!

地球環境に影響を及ぼす、プラスチック問題について考えるための絵本が登場です。
プラスチックストローが紙製ストローに変わったり、レジ袋の無料配布が廃止されたり、地球環境に配慮するおおきな動きが、近年特に盛んになっています。
その背景には、東南アジアへのプラスチックゴミ輸出の問題や、マイクロプラスチックによる海洋汚染が広く知られるようになったことによる、危機感の高まりがあるのでしょう。

ソフィアの家に向けて大海原を冒険するサミーですが、彼がゆく先々で出会うのは、彼のことを食べようとする動物や、同じくゴミとして捨てられた、さまざまなプラスチック製品たち。
そうして、プラスチックにまつわる環境問題を描写する本書ですが、特に印象的なのは、サミーがプラスチックゴミのカップルと出会うシーンです。

「ぼくたちはいつまでもいっしょなんだ。いつまでもいつまでも、永遠にね」

そういってほほ笑み、見つめ合うカップル。
しかしそれは、プラスチックが自然には分解されず、半永久的に環境に残ってしまうという性質を示しています。
なんともブラックな皮肉が効いていて、ゾクっとさせられました。

さて、本書で特別にフォーカスされているのがプラスチック製ハブラシの問題。
しかし環境に悪いとはいえ、磨き残しを減らし、清潔な歯を保つためには、歯ブラシはひと月ごとに新しいものに変えるのが望ましいとされています。
プラスチック製から紙製に変わったストローとは違って、なかなか改善しようがないんじゃないかと考えていたのですが——

なんと、物語の最後に新提案!
ブラスチックではなく、あるものでできたハブラシがあるんですって!
驚きの素材は、絵本を見て確かめてください。

環境についての価値観が目まぐるしく移り変わっていくこの時代、親子で最新の環境問題を学ぶきっかけに、おすすめの一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

ハブラシのサミー ―海のなかのプラスチック―

ハブラシのサミー ―海のなかのプラスチック―

出版社からの紹介

ソフィアは自分のハブラシに
サミーと名づけ、大切につかっていました。
しかし、古いからもう使えないという理由で
サミーは捨てられてしまい、
ほかのプラスチックごみといっしょに
船で運ばれ、海や川を漂います。

たくさんのプラスチックごみと遭遇しながら、
最後にはアホウドリの助けをかりて
ソフィアの家までかえってきたサミーは、
ハブラシとしてではなく、人形の髪をとかしたり、
靴のよごれをとったりすることで活躍し、
大切にされました。

プラスチックごみの現状を知り、
環境へ配慮する気持ちを育てる絵本です。

ベストレビュー

イマドキのテーマが隠されています!

環境のテーマでしょうか

対象は小学1年生からになっています
物を大事にすることだけではなく
「プラスチック」を考えることーが
大きな課題です

う〜ん、大人ももっとちゃんと
一緒に考えないといけませんよね

便利なものだけれど・・・
というのは、プラスチックに限ったことでは
ありません

サミーの場合は、素敵な
やさしいねずみさんやとりさんたちに
助けてもらった偶然や、運の良さがありますが
これは、なかなか難しいことです

小さい頃から
「環境問題」に考える、気づきの種を
気づける人であってほしいです
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

M・G・レナードさんのその他の作品

列車探偵ハル 王室列車の宝石どろぼうを追え!

ダニエル・リエリーさんのその他の作品

シロクマといっしょにお引っ越し!? / くらいのなんか(そんなに)こわくない / シロクマが空からやってきた! / シロクマが家にやってきた!

青山 南さんのその他の作品

おっこちてきた / ついておいで フロー! / ミツバチたち / ほしいなあ、きょうりゅう / ほしいなあ、ナマケモノ / ポッコとたいこ


絵本ナビホーム > > ハブラシのサミー ―海のなかのプラスチック―

今月の新刊&オススメ絵本情報

ハブラシのサミー ―海のなかのプラスチック―

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット