話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ちょっと昔の子どもたちのくらし(1) 島の子げんたの春休み〔広島県〕

ちょっと昔の子どもたちのくらし(1) 島の子げんたの春休み〔広島県〕

  • 絵本
作: 荒尾 美知子
絵: 福田 岩緒
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月21日
ISBN: 9784751530153

小学中学年
282mm×232mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おじいちゃん、おばあちゃんが小さかったころ、どんなふうに暮らしていたのかな?このシリーズには、1960年代のさまざまな地方に暮らす小学生が登場します。

瀬戸内海の鹿島という島に暮らすげんたの家に、町にすむいとこのゆかがやってきた。不安そうなゆかにげんたは・・・。

ベストレビュー

ちょっと昔の瀬戸内海小島

1963年の瀬戸内海の小島が舞台のお話だから、70年も昔の話なのですが、違和感がないのは自分の歳のせいでしょうか。
今では橋で結ばれているようなので生活は様変わりしているのでしょう。
おじいちゃん、おばあちゃんの少年時代かも知れません。
でも、子どもの気持ちはその頃と変わったいないと良いなぁと思って読みました。
春休みの間、家で預かることになった従妹のゆかちゃん。
短い間の交流はとても純粋です。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒尾 美知子さんのその他の作品

ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(4) ぼくたちの「おとうに会う」作戦〔沖縄県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕

福田 岩緒さんのその他の作品

しゅくだいなかなおり / 紙芝居 ながいきしてね 七五三 / マラソンじいさん / しゅくだいかけっこ / しゅくだいクロール / しゅくだいとびばこ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ちょっと昔の子どもたちのくらし(1) 島の子げんたの春休み〔広島県〕

2月の新刊&オススメ絵本情報

ちょっと昔の子どもたちのくらし(1) 島の子げんたの春休み〔広島県〕

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット