新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕

ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕

  • 絵本
作: 荒尾 美知子
絵: つちだ よしはる
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月21日
ISBN: 9784751530160

小学中学年
282mm×232mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

あなたのおじいちゃんやおばあちゃんは小さいころ、どんな暮らしをしていたのかな?1960年代のさまざまな地方で暮らす小学生が登場するシリーズです。第2弾の舞台は山形県山形市です。

カヨちゃんの家はおとうふ屋さん。お父さんの作るおとうふはおいしくて、カヨちゃんのじまんです。小学校3年生になったカヨちゃんは、お手伝いができるようになったのがうれしくてたまりません!

ベストレビュー

朝早くからお手伝い

図書館の新刊コーナーで見つけました。
「ちょっと昔の子供たちのくらし」というシリーズの中の1冊だそうです。
私が小さい頃よりも、もうちょっと昔のくらし。
家業のお豆腐やを手伝いながら暮らすカヨちゃんは、しっかり者で、大人っぽく見えました。
朝早くから働く姿に感動。
子供よりも、大人の方が、感激してしまうお話に思えました。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子13歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

荒尾 美知子さんのその他の作品

ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(4) ぼくたちの「おとうに会う」作戦〔沖縄県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(1) 島の子げんたの春休み〔広島県〕

つちだ よしはるさんのその他の作品

おかあさんに おはなししたいこと / ねずみくんのおくりもの / やくそくの「大地踏」 / はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ / だあれ?だあれ?


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕

2月の新刊&オススメ絵本情報

ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット