宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あきにであったおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あきにであったおともだち

  • 絵本
作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784894235373

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

秋の森でであった人間の女の子,ハーミーちゃんを好きになったオコジョのタッチィ。でも,ハーミーちゃんは別の男の子が好きで…。少し大人になったタッチィの淡い初恋と,好きな女の子のために頑張る姿が感動を呼びます。

ベストレビュー

タッチィの初恋

オコジョのタッチィの秋のお話しです。これで四つの季節が揃いましたね。この絵本では、タッチィの淡い恋心が描かれています。森の奥でであった女の子、ハーミーちゃんと落ち葉の中でお茶会をしようと計画するタッチィ。毎日少しづつ準備をする中で、ハーミーちゃんに淡い思いを抱いていたのですが、ハーミーちゃんがお茶会に呼びたかった人のことを知って‥‥ハーミーちゃんに冷たい態度をとってしまいます。
でも、くまくんの助言で、自分にとって本当に大切な気持ちに気づいたタッチィ。ハーミーちゃんが勇気を出すことが出来るように心から応援をするのです。
読み終わった後、ちょっと甘酸っぱい、懐かしい気持ちを思い出しました♪
微妙な心の動きは小さい子供にはちょっと難しいかもしれません。文章も長めなので、小学生〜におすすめです。
秋の風景がしっとりと暖かく描かれている絵も、じっくり味わってくださいね。
(すずらんぷさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


亀岡 亜希子さんのその他の作品

ホテルやまのなか小学校の時間割 / ホテルやまのなか小学校 / わすれものをとどけに / さいこうのスパイス / あしたもきっとチョウ日和 / ネルとマリのたからもの



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

あきにであったおともだち

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット