話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
あの湖のあの家におきたこと

あの湖のあの家におきたこと

  • 絵本
作: トーマス・ハーディング
絵: ブリッタ・テッケントラップ
訳: 落合 恵子
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年10月24日
ISBN: 9784861013867

縦290mm 横270mm 厚さ10mm 41ページ

出版社からの紹介

その家を建てた作者の曽祖父一家はナチスに追われ、その後に住んだ音楽家一家も徴兵を逃れ家を出ます。戦後に暮らした家族は「ベルリンの壁」によって湖と隔てられ……。
ベルリンに実在する一軒の家の変遷から戦争、分断の歴史を見つめる物語。
この100年に起きたことを描いていますが、「昔あったこと」ではなく、世界中で分断が進むいま、同じことをくり返さないためにあらためて読みたい1冊。

ベストレビュー

大人のあなたに読んでもらいたい絵本           

これは湖のほとりにある、一軒の小さな木の家の物語です。
 それは長い時の物語でもあります。
 絵本ですが、まるで長編の物語を読むようでもありますし、長い一篇の映画を観るようでもあります。
 でも、これは絵本です。
 ゆっくりと頁をめくる、そんな絵本です。

 家はこの絵本の作者であるトーマス・ハーディングさんの曽祖父が1927年に建てたものです。曽祖父は医者で、4人の子どもたちが自然の中で暮らせるように、湖のほとりに建てたそうです。
 でも、時代がよくありません。
 戦争になって、ユダヤ人であった一家はこの家を去ることになります。
 次に住んだのは、音楽好きの一家。
 でも、彼らも戦争のせいでこの家を出ていきます。
 さらにまた別の一家、さらに戦争が終わって別の家族がこの家で暮らします。

 家はきっと住む人たちの、さまざまな様子や感情を見てきたでしょう。
 その姿はそれぞれだったでしょうが、きっと家を愛するということでは同じだったかもしれません。
 家はそこに住んだ家族のことを覚えているのでしょうか。
 そこで笑ったり泣いたり怒ったりした家族のことを覚えているでしょうか。

 訳者である落合恵子さんは、2020年の春浅い日々から晩春にかけてこの本とずっと一緒だったと綴っています。
 コロナ禍の時、落合さんは戦争で揺さぶられた家とともにあったのです。
 この絵本はそんなふうにして、時代の中で何かを考えさせる一冊です。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ブリッタ・テッケントラップさんのその他の作品

いろんなところに いろんな さかな / いろんなところに いろんな むし / いえがあるっていいね / ブルーがはばたくとき / おおきなおおきな木みたいに / あかちゃんいまどのくらい?

落合 恵子さんのその他の作品

時代をきりひらいた日本の女たち / 質問 老いることはいやですか? / 悲しみのゴリラ / 明るい覚悟 こんな時代に / おやすみ、ぼく【新版】 / とんでいった ふうせんは


絵本ナビホーム > > あの湖のあの家におきたこと

えほん新定番 from 好書好日

あの湖のあの家におきたこと

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 5
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット