新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
うしとざん

うしとざん

  • 絵本
作: 高畠 那生
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月15日
ISBN: 9784097250852

小学全般
32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

こんなひとことから、幕をあけるこの一冊。
「きょうは これから、うしに のぼります」
……うん、何言ってんの!?

「はんぶん ねているような うしが、のぼりやすいんですよ」
読者のとまどいをよそに、話は進みます。
「なぜのぼるのかって? そんなこと きいちゃあ いけません」
なるほど、それを言われちゃ、聞けません。

牛の毛をつかんで足をよじ登り、やっとこ着いた牛の上。
牛をのぼるというだけでもおかしいのに、そのひろい背中の上には、予想をさらに裏切る、奇妙な世界が広がっていたのです──。

牛をのぼるヒョウ。
牛の上の、牛の群れ。
背中に店を構えるめし屋。
ページをめくるごとに目に飛び込んでくる、シュールでヘンテコなツッコミどころ!
次のページも気になるし、読んだページも気になりつづける……。

またこの牛が、「ムカかわいい」というか、「イラかわいい」というか、愛嬌があるのに、なんとなくこちらを小バカにしているような絶妙な目つきで、いつまでもまぶたの裏にチラつく顔をしているのです。

なんやかんや、ようやくこの世界観にもなじみはじめた、というところで、旅は終盤。
しかし、牛から下山した最後のページに待ち受けるのは、読者の"慣れ"をもこっぱみじんに打ちくだく、衝撃的なオチ!
これをツッコミいれずにスルーできるのは、鉄のように動じない心の持ち主だけです。

教訓? 意味? メッセージ? 楽しければ、それでいいじゃない!
読めば読むほどおかしみあふれる、牛をめぐる登山旅!

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

なんか気になる、へんてこりんな絵本

「今日はこれからうしに登ります。どのうしにしようかな?」
男は無事「うしとざん」ができるでしょうか。
つかんで ぎゅ! つかんで ぎゅ! 短い前あしの毛をつかんで登ります。
ようやくたどり着いたうしの背中には、なにが待っているのでしょう。。
うしに登って下りてくる、著者の魅力が詰まったへんてこりんな脱力ストーリー。何度も読むうちに、なんか気になって手放せない、そんな絵本の登場です。

【編集担当からのおすすめ情報】
何回読んでもニヤニヤしてしまう絵本が出来ました。
予備知識はなんにもいりません。さあみなさん、高畠那生の世界へようこそ。

ベストレビュー

ナンセンスなセンス

ナンセンスなのは理解出来るのですが、突拍子もない発想に口あんぐりです。
展開の奇抜さについていけない私は、ナンセンスを楽しむセンスがないのでしょうか。
それほどにつかみどころのない絵本なのですが、高畠さんは牛とお友だちなのでしょうか。
でも、何も考えないで、牛になった自分を登山している小人さんたちを想像したら、笑えてきました。
モー!!!
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高畠 那生さんのその他の作品

いし / 紙芝居 ツノ対アゴ  / だれにもいわずにおきましょう / こんぺいとうはゆめみてた / ウォッシュバーンさんがいえからでない13のりゆう / ハリネズミ・チコ(5) パピヨン号でフランス運河を



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

うしとざん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット