新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
氷上カーニバル

氷上カーニバル

  • 絵本
作・絵: あべ 弘士
出版社: のら書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年11月10日
ISBN: 9784905015550

A4変型判 縦190mm 横270mm 厚さ8mm 32ページ

出版社からの紹介

 わたしのまちでは、長い冬のおわりに、氷上カーニバルというおまつりがひらかれるの。子どももおとなも、みんなが仮装をして、氷の上をすべるのよ・・・・。
 北海道札幌市で昭和のはじめからおわりごろにかけて行われていた冬のおまつりです。2月、札幌の人々は、雪にとざされた冬の終わりを祝うため、さまざまな手作りの仮装をして中島公園のスケートリンクでカーニバルをしました。このおまつりは、当時の子どもたちの心に深い感動を残したようで、児童文学作家の神沢利子による作品『いないいないばあや』にも描かれています。
 またこの絵本は、あべ弘士さんが、神沢利子さんへのインタビューや現地取材を重ねた上で、当時の子どもたちの思い出を創作絵本にしました。

ベストレビュー

夢のようなお祭り

氷の上で、夢のようなお祭りが繰り広げられます。
本当に絵空事だと思ったら、裏表紙裏の写真にビックリ。
大正から昭和にかけて、札幌で実際に行われたお祭りがベースになっているのでした。
登場するタヌキたちやクマ(?)は、あべ弘士さん的アレンジにしても、こんなに楽しいお祭りが100年昔にあったことに驚きました。
祭りの様子が生き生き描かれていて、できれば復活してほしいと思いました。
冬の終わりを祝うお祭りだったとのこと、春の訪れに期待感をもったお祭りです。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

あべ 弘士さんのその他の作品

リスのバナーテイル / よあけ / つきのばんにん / 灰色グマのワーブ / 動物なぜなに質問箱 / オサム


絵本ナビホーム > > 氷上カーニバル

みんなで参加しよう!えほん祭

氷上カーニバル

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット