話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

うしお

うしお

  • 絵本
作・絵: 伊藤 秀男
出版社: ビリケン出版

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うしお」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2007年08月
ISBN: 9784939029455

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「うしお」。力強く、堂々とした響きです。
うしおは幼稚園に通う男の子。豊かな自然、優しいかあさん、豪快なとうさんに囲まれてすくすく育っています。
名前の通り、きりりとした顔立ちのうしおの生活は本当に色彩豊か。紅葉で真っ赤に染まった山のふもとの幼稚園での様子、家に帰るまでの真っ暗になった山道、雪一色のグラウンド・・・。都会では手に入らない宝物の様な日々にうっとりしてしまいます。
 好奇心旺盛なうしお、どうやら自分がかあさんから生まれてきた時の様子に興味津々の様子です。朝の楽しみは「うまれたごっこ」。かあさんのお腹の下にもぐりこんで「なんだかおなかがいたくなってきたわ」。夜にはとうさんが、ストーブの前でゆっくりとうしおが生まれる日の事を話始めるのです・・・。
うしおの家族の幸せと愛情に包まれた、本当に温かな絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

うおのあさのたのしみは うまれたごっこです。
めがさめると かあさんのおなかのしたに もぐりこみます。
すると かあしさんは
「なんだか おなかがいたくなってきたわ」
「まだまだ」
「もう ひとがんばり」
うしおにこえをかけます。

ベストレビュー

いまの自分を確かめたい

うしおくんは、毎朝お母さんと「うまれたごっご」をしたり、お父さんに自分が生まれた時の話を聞いたり、
自分が存在しているんだと実感が欲しいのでしょうか。
それとも、母親から生まれてきたんだと実感したいのでしょうか。

愛されている実感や、自分の存在や、目に見えない何かを感じることはむずかしいです。
でも、うしおくんはちゃんと方法を知っています。

力強い絵から、うしおくんの思いがあふれてきます。
うしおくんの思いをしっかりと受け止めてあげる両親も素敵です。
いろいろな悩みを持ち始める中学年に、読んであげるといいと思います。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

伊藤 秀男さんのその他の作品

紙芝居 三月十日のやくそく / 紙芝居 おやゆびたろう / せつぶんのおに / 紙芝居 きんいろのうま / あのときの カレーライス / おにぼう



『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

うしお

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット