新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ごちそう たべに きてください

ごちそう たべに きてください

  • 絵本
作: 茂市 久美子
絵: しもかわら ゆみ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年01月14日
ISBN: 9784065217948

32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

山の大きな木の中に、ごちそうするのが大好きなうさぎが住んでいます。
秋になるとクルミやドングリをいっぱい集めて、うさぎは木の葉に手紙を書くのです。
「うさぎの いえに ごちそう たべに きてください」って。

「てがみ ありがとう」とやってきたのは、りす、あかねずみ。
クルミやドングリを嬉しそうに食べて帰ります。

そして「うさぎさんの いえで ごちそうが いただけるって きいてきたのよ」と舞い込んできたのは、旅の途中の蝶、あさぎまだら。
あさぎまだらはこれから、遠い南の国へ飛んでいくのです。
思いがけないお客さんに、目をぱちぱちさせたうさぎですが、ふじばかまが咲く山のお花畑へ案内するととっても喜ばれます。
なんてごちそう上手なうさぎでしょう!

次々おとずれる山の生きものたちに、うさぎは心づくしのごちそうをするのですが、だんだん、ごちそうするものが減ってきてしまって……。
冬を迎え、うさぎはどうしたのでしょうか?

さまざまな生きものと山のごちそうを描くのは、今注目される絵描きの1人である、しもかわらゆみさん。
つぶらな瞳や細やかな毛並み、おいしそうな実が生き生きとして魅力的!

そして「つるばら村」シリーズをはじめ童話作品に定評がある茂市久美子さんの文を声に出して読むと、うつくしく味わい深い日本語に打たれます。
何だかとっても品があって、何度も読みたくなるおはなしなのです。
(干し柿がこんなにおいしそうに感じられる絵本も、はじめてかもしれません)

秋から冬、そして春へ。移りゆく季節と山のめぐみ。
ごちそうの「お礼」にも心がぽっとあたたまる、おはなし絵本。
幼い子どもからおじいちゃんおばあちゃん世代まで、一緒に味わっていただきたい絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

山の大きな木のなかに、ごちそうするのが大好きなうさぎがすんでいました。そこへ、りす、あかねずみ、あさぎまだらなど、つぎつぎと動物たちがあらわれて……。読み聞かせにもひとり読みにもぴったりの絵本。
読み聞かせ3歳から ひとり読み5歳から。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茂市 久美子さんのその他の作品

魔法のたいこと金の針 / どうぶつのかぞく キリン キリンの山のぼり / アンティーク・シオンの小さなきせき / 魔女バジルとなぞのほうき星 / ドラゴン王さまになる / 魔女バジルと魔法のつえ

しもかわら ゆみさんのその他の作品

いきものづくし ものづくし(2) / わかってるって / おんなじ だあれ? / ねえねえ あのね / おすわり どうぞ / ほしをさがしに


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ごちそう たべに きてください

4月の新刊&オススメ絵本情報

ごちそう たべに きてください

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット