新刊
アップステージ

アップステージ(評論社)

ユーモアたっぷりの青春物語!

  • 盛り上がる
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕

ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕

  • 絵本
作: 荒尾 美知子
絵: 堀川 真
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月18日
ISBN: 9784751530177

小学中学年
282mm×232mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おじいちゃん・おばあちゃんが小さかった頃、どんなふうにして暮らしていたのかな?このシリーズでは、1960年代のさまざまな地方で暮らす小学生が登場します。

今回の舞台は北海道の名寄〜筬島。旭川から北へのびる宗谷本線は、沿線で暮らす人たちを結ぶたいせつな路線。そこを走る蒸気機関車は、子どもたちのあこがれの乗り物でした。長い冬を迎える前の短い秋を、子どもたちはどのように過ごしていたのでしょうか?皆さんが住む地域との違いを考えながら、読んでみてください。

ベストレビュー

宗谷本線の昔

次々に駅が閉ざされていく宗谷本線が舞台なだけに、感慨深く1960年代を想像しました。
まだ蒸気機関車が走っていた頃の生活ののどかさは、まだ残っているのでしょうか。
ジンギスカンの材料は羊肉、愛羊メリーさんがどうなったのか気にもなりました。
でも、全てを包んで懐かしい北海道の風景なのですね。
私は、北海道の人間ではないので、私の育った土地の1960年代を振り返りつつ、時代の移ろいに想いを馳せました。
(ヒラP21さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒尾 美知子さんのその他の作品

ちょっと昔の子どもたちのくらし(4) ぼくたちの「おとうに会う」作戦〔沖縄県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(1) 島の子げんたの春休み〔広島県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕

堀川 真さんのその他の作品

トンカチくんと、ゆかいな道具たち / たぶん、なんとかなるでしょう。 / ちいさなごるり / おべんとうさん いただきます / あかいじどうしゃ よんまるさん / いのちのいれもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット