話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕

ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕

  • 絵本
作: 荒尾 美知子
絵: すがわら けいこ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月18日
ISBN: 9784751530191

小学中学年
282mm×232mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おじいちゃん・おばあちゃんが小さかった頃、どんなふうにして暮らしていたのかな?このシリーズでは、1960年代のさまざまな地方で暮らす小学生が登場します。

今回の舞台は岩手県の陸前高田。冬が長いこの地域では、寒い時期には家から離れ、町で仕事をするお父さんがたくさんいました。そして、大工さんや左官屋さんや畳屋さんなどの腕のいい職人さんが、誇りをもって、家やお寺を建てていました。そんな姿を見ながら、子どもたちは自分たちのこれからについて想像をふくらませるのです。あなたは将来、何になりたいですか?

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒尾 美知子さんのその他の作品

ちょっと昔の子どもたちのくらし(4) ぼくたちの「おとうに会う」作戦〔沖縄県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(3) 私の名前は宗谷本線〔北海道〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(1) 島の子げんたの春休み〔広島県〕 / ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕

すがわら けいこさんのその他の作品

ひかりの森のフクロウ / ぱんだんす / ん ひらがな 大へんしん! / ヒロシマ 8月6日、少年の見た空 / たべものくらべっこえほん / せんそうってなんだったの? 8月6日、モリオの見た空


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕

今月の新刊&オススメ絵本情報

ちょっと昔の子どもたちのくらし(5) おれ、気仙大工になる!〔岩手県〕

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット