ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
福を呼び込んでくれる!絵本『おふくさん』の複製画が、絵本ナビ限定で発売中♪
カロリーヌ パリへ いく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カロリーヌ パリへ いく

  • 絵本
作・絵: ピエール・プロブスト
訳: 山下 明生
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カロリーヌ パリへ いく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

パリを訪れたカロリーヌたちは、毎日観光に大忙し! でも、カロリーヌたちの行くところハプニングが起きないはずがありません。ピトーが風船といっしょに飛ばされてしまって……。ピトーを追いかけて、なかまたちが町じゅうをかけまわります。エッフェル塔や、ポンピドーセンター、ノートルダム寺院など、パリの街並みも楽しめます。

ベストレビュー

素敵なパリの街並み!

小学校1年生の我が家の娘は,カロリーヌの絵本がお気に入りです。
そして,彼女が一番行ってみたい国は「フランス」。
彼女が好きな絵本でもある「マドレーヌ」もフランスのパリ在住ですし(笑),小さい時から唯一知っている国なのかもしれません(行ったことはありませんが)。
こちらの絵本は,パリの街並みも綺麗に描かれていて大人目線でも素敵です。
私自身は若き頃パリに旅行に行ったことがるので,こういう絵本を読めるのは何だか嬉しくもなります。
親なしでパリに行く勇敢なカロリーヌ,立派ですね!
8匹の仲間たちとのパリ,ハプニングありですが楽しそうでした。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ピエール・プロブストさんのその他の作品

カロリーヌ えいがを とる / カロリーヌは ベビーシッター / カロリーヌとネスこのゆうれい / カロリーヌとまほうのやさい / カロリーヌはめいコーチ / プフとノワロー ゆきやまへいく

山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / ドングリさがして



ぷくっと、ふわっとしたドーナツ!作ってみよう

カロリーヌ パリへ いく

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット