話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ジョナスの かさ

ジョナスの かさ

  • 絵本
作: ジョシュ クルート
絵: アイリーン ライアン イーウェン
訳: 千葉 茂樹
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年11月26日
ISBN: 9784895722643

小学中学年
270mm×240mm 40ページ

出版社からの紹介

傘は女性や馬車が手配できない貧しい者が使う物と考えられていた18世紀半ばのロンドンに、濡れるのが大嫌いな男がいた。誰に何を言われても傘をさし続け、ついには社会に傘を浸透させた、ブレない男を描いたノンフィクション。

ベストレビュー

常識や未来を変えていく

昔、ロンドンに住む人々は、雨の日でも傘を差しませんでした。
雨が降ったら家から出ないか、馬車で出かけるか、ただ濡れるに任せるか。
1750年頃まで、それが当たり前だったそうです。
でもこれに異を唱え、傘を差す人が出現しました。
その人の名前は、ジョナス・ハンウェイ。
とても頑固なイギリス紳士でした。

ジョナスは、こうと決めたらとことん貫く人だったらしく、笑われてもからかわれても妨害されても、傘を差し続けました。
なんと、30年も!
その頃から傘をさす人が徐々に増えてきたそうですが、それまでの嫌がらせをものともせずに差し続ける心の強さ。
こういう心の持ち主が、常識や未来を変えていくのでしょうね。
とても感動的な、素晴らしい絵本だと思います。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました

千葉 茂樹さんのその他の作品

最後のひと葉 / 秘密の大作戦!フードバンクどろぼうをつかまえろ! / 火星は… / パラリンピックは世界をかえる ルートヴィヒ・グットマンの物語 / わたしが鳥になる日 / ぼくの犬スーザン


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ジョナスの かさ

『うみべのおはなし3にんぐみ』翻訳家・小宮由さんインタビュー

ジョナスの かさ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット