季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
山をはこんだ九ひきの竜

山をはこんだ九ひきの竜

作: 松谷 みよ子
絵: 司 修
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2007年04月
ISBN: 9784333022526

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

松谷みよ子氏が監修した、朝鮮の民話絵本シリーズの第2弾。
毎日が退屈でしかたがない、いたずら好きな竜たちが思いついた遊びは、
なんと、山を移動させることだった! 
ユーモアたっぷりの、テンポのよいお話です。

ベストレビュー

ふんと鼻をならして言った途端石になった?

朝鮮の民話絵本です。悪戯の大好きな9ひきの竜たちが、悪戯がしたくなると雨をさんざん降らせて、その雨に乗って、地上に降りてきて、山をちょんぎってみんなで頭にのせ、エッサ ホイサと運ぶのも遊びなんだと思いました。途中疲れて、放り出して天に帰ってしまう9ひきの竜たちです。結末に、水汲み女が言った言葉「なんだろう、あの竜。まるで犬みたいだ」ふんと鼻をならして言った途端に石になった(?)9ひきの竜と、水汲み女もそのまま石になった。なんでかなあ・・・・・???なんか気になる結末でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 たこやたこざえもん / 紙芝居 天人のよめさま / 紙芝居 ばけくらべ / まえがみたろう〈前編〉 / まえがみたろう〈後編〉 / さるとかに

司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / ラーゲルレーヴのおばあちゃん / 絵本 銀河鉄道の夜 / 絵本の魔法 / 雨ニモマケズ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 山をはこんだ九ひきの竜

今月の新刊&オススメ絵本情報

山をはこんだ九ひきの竜

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット