季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
エイドリアンはぜったいウソをついている

エイドリアンはぜったいウソをついている

  • 絵本
文: マーシー・キャンベル
絵: コリーナ・ルーケン
訳: 服部 雄一郎
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年01月29日
ISBN: 9784001126969

40ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

いつもひとりで、ぼんやり考えごと。そして、またみんなに言いふらすんだ。

「うちには 馬がいるんだよ」

エイドリアンはウソばかり話してる。私はそんなの信じない。お母さんに言っても「どうしてウソってわかるの?」なんて聞く。だけど私にはわかるんだ。ここは普通の町だし、馬を飼うにはとってもお金がかかる。エイドリアンの家と言ったら。だけどある日、お母さんと犬の散歩に出かけたら、向かった先にいたのは……。

目の前にいるのは、自分とは違う男の子。勝手気ままだし、考えていることだって全然違う。理解なんてできるはずもない。そんな風にイラ立ちながらも、少しずつ自分とは「ちがう」ことを受けていれていく主人公の「わたし」。そんな彼女の心の葛藤や変化に感動していると、私たち読者もいつの間に想像の世界の豊かさを体感してしまうのです。

読んでいるうちに、見えないものが見えてくる。詩情あふれる絵と文で描かれたこの美しい絵本を味わってみてください。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

エイドリアンはいつもひとりですわってる。机もぐちゃぐちゃだし、ぼんやり考えごとをしてるし、「うちには馬がいるんだよ」ってウソばかり話してる。でも母さんは「どうしてウソってわかるの?」って、わたしに聞くんだ……。自分とは「ちがう」ことを受け入れる子どもの心の葛藤や、想像の豊かさを、詩情あふれる絵と文で描く。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ



絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > エイドリアンはぜったいウソをついている

4月の新刊&オススメ絵本情報

エイドリアンはぜったいウソをついている

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット