新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
ぐるぐるうごく しましまぐるぐる

ぐるぐるうごく しましまぐるぐる(学研)

赤ちゃんはうごくものが好き!累計250万突破の大人気シリーズから待望の新刊登場!

  • かわいい
  • ギフト
カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥

カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥

  • 児童書
著: 嶋田 泰子
絵: 岡本 順
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月14日
ISBN: 9784494020683

小学3・4年〜
判型:A5判/サイズ:21.6×15.1cm
頁数:135頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

毎日の生活の中でよく見かける身近な鳥、カラス。
皆さんは、カラスにどんな印象を持っているでしょうか?

ごみをちらかす、
黒くて大きくてこわい‥‥‥。
みんなの「きらわれもの」!?

著者の嶋田泰子さんが、これまであまり気にとめていなかったカラスという存在にであわされたのは、頭にうんちを落とされるという体験からでした。いったん意識しはじめると、ごみ置き場をあらすカラスの姿が目につき、攻防がはじまりました。けれどもカラスへの勝ち目はなし。どうにかカラスとの戦いに勝つためには作戦を練らなければ‥‥‥と考えた時に気づいたのが、
「カラスは人間がどんな生きものかということに気づいているようなのに、わたしはカラスのことなんて、なにも知らなかった」ということ。ここから、嶋田さんのカラスへの調査が始まります。

・玄関に届くたまごをどろぼうするカラスの様子。
・1年じゅう日本で暮らしているのは、ハシブトガラスとハシボソガラスの2種類ということ。
・ハシブトガラスとハシボソガラスの見分け方
・もとはふかい森林に住んでいたハシブトガラスがなぜ都会に出てきたのか?

はじめの調査で分かったのは、人間がたくさんの食べ残しをごみとして出すことによって、多くのハシブトガラスが都会に住み着くようになったという事実。人間の都合に振り回されながらもきらわれ者になってしまったカラス、ちょっとかわいそう。そこで嶋田さんはカラスのいいぶんを聞いてみることに。

嶋田さんの観察レポートの中で、とくに面白かったのは、庭に来る5、6匹のカラスに名前をつける場面。
「カー」とひと鳴きしてから姿を見せるカラスは「カー!」、目がやたらとクリクリしているカラスは「ヒトミ!」。何の特徴もなく、印象が薄いカラスは「ジミー!」、著者が一番気になったとびきり美しいカラス「クロスケ」、そしてその「クロスケ」といつも寄り添っている「おつれ」。こんな風に特徴や名前を知ってしまっては、読者である私たちも登場するカラスにぐっと親近感が増してしまいますね。

他にも、カラスの賢さを思い知らされる事件が起きたり、縄張り争いや大変な子育ての様子を垣間見たり、知れば知るほど新たな一面を見せてくれるカラス。
2021年の課題図書中学年の部にも選ばれている本書は、みんなの「きらわれもの」と思われているカラスの正しい見方を教えてくれます。さらに自分の目で観察することの面白さや、相手を知ることでこんなにも世界は広がっていくのだという驚きを伝えてくれるのです。カラスが増えすぎたことによる「ハシブトガラスたいじ」の実態や、それによる生態系への影響など、考えるべき課題も。本の終わりには、カラスに興味を持ち始めた人のために、すぐれているところ、にがてなことをチェックできる、ハシブトガラスの楽しい通知表がついています。 こちらは未完成になっており、カラスに興味を持って下さった人が、たくさんの発見をして完成させて下さったら嬉しいと、嶋田さんからのメッセージがあります。夏の自由研究のテーマとして取り組んでみるのもいいですね。

最後に挿絵の魅力についてもお伝えしておきたいのですが、絵本作家、イラストレーターとして活躍中の岡本順さんによる挿絵は、カラスの動きのひとつひとつ、羽根の開き具合、くちばしのカーブの感じ、表情などに魅力がたっぷり。今にも動き出しそうに生き生きとしていて、カラスを目の前で観察しているような臨場感があります。こちらもぜひ観察レポートと合わせて注目しながら楽しんでみて下さいね。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

みぢかな鳥、そしてきらわれものの、カラス。ごみをちらかす、黒くて不吉、大きくてこわい……など、わるいイメージばかりだけれど、本当はどんな鳥なのでしょう?
もともとは森でくらしていたカラス。人の出すゴミにひきよせられて街へとおりてきました。しかし、街のくらしも楽ではありません。なわばりあらそいのきびしさ、子育ての苦労など、いがいと知られていないカラスの生活をほりさげます!カラスを愛する著者が語るノンフィクション。
本作は、著者の嶋田泰子さんが、家の庭にくるカラスたちに興味を持ち、観察日記をつけたことが出発点です。普段は気にもとめないくらい身近な鳥、カラス。でもよくよく調べてみると、驚くほど多彩な表情を見せてくれるのです。この本を読めば、ゴミをちらかす嫌われもののイメージが変わります! 

ベストレビュー

「カラスのいいぶん」 タイトルがいい! 誰にでも言い分ある

嶋田泰子さんよくぞ カラスをこんなにも観察して本を書いていただいたことに 感謝です!

観察日記もおもしろかったし
カラスの知能が 人間の8才くらいの智恵があることもすごい!

そして 3年の間に 恋人を見つけて 卵を産む 育てるのも 夫婦で共同作業  なかなか 素晴らしいじゃないですか!

嫌われ者の カラスですが 生き物には それぞれ生きている意味があり 人間だけの世界ではないことを 再度認識しました!

ところで 学習能力のある賢いカラスが 人間社会にやってくることになった過程 
ゴミをあさること  子どもを殺されたときに怒る
人間も同じじゃないですか

課題図書で子どもたちもたくさん読んで カラスのいいぶんを聞いて欲しいと思いました
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

嶋田 泰子さんのその他の作品

いきもの かくれんぼ / かくれて ぱくり / いきもの ちえくらべ / いのちはめぐる / やさいの花 / 水ってなんだろう(1) 水がうまれた

岡本 順さんのその他の作品

キダマッチ先生!(6) 先生 ヘソを 曲げる / 介助犬チェリーのパピーウォーカー / キダマッチ先生!(5) 息子 ナマズに なる!? / キダマッチ先生!(4) 先生 町へ いく / ざしきわらし一郎太の修学旅行 / 森の診療所ものがたり〜カモの子がやってきた〜


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥

【Z会の本】子どもの成長を実感できる知育教材! プラスαの効果があった「Z会グレードアップカードとえほん」

カラスのいいぶん 人と生きることをえらんだ鳥

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット