話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子

せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子

  • 絵本
作: キース ネグレー
訳: 石井 睦美
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月28日
ISBN: 9784895722698

小学低学年
220mm×260mm 41ページ

出版社からの紹介

今から約150年前、女性はズボンをはいてはいけないという常識に疑問を投げかけ、非難されても抵抗した少女がいました。後に女性初の軍医として活躍し、フェミニストとして知られたメアリー・E・ウォーカーの幼い日を描く。

ベストレビュー

メアリーエドワーズウォーカー

世界で最初にズボンをはいた、メアリーエドワーズウォーカーについて描かれた物語。
今では女性がズボンをはくのはごく普通のことですが、今から約150年前はそうではなかったようです。
そんな時代に初めてズボンをはき、非難を受けようとも屈することなく、生涯着たいものを着続けたメアリーエドワーズウォーカー。
絵本ではわりとソフトに描かれていますが、あとがきを見ていると世間の目は冷たかったのだろうなと思います。
今こうしてズボンを当たり前にはくことが出来ていることを感謝しなければいけないなと感じました。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石井 睦美さんのその他の作品

うさぎのバレエだん / ラブレターをもらったら / 角川つばさ文庫 小説 一度死んでみた / 愛しいひとにさよならを言う / あきのセーターをつくりに / ぼくたちは卵のなかにいた


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

せかいでさいしょに ズボンをはいた 女の子

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット