新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

よんひゃくまんさいのびわこさん

よんひゃくまんさいのびわこさん

  • 絵本
作: 梨木 香歩
絵: 小沢 さかえ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月03日
ISBN: 9784652204078

縦240mm 横240mm 32ページ

出版社からの紹介

びわこは400万年くらい前に伊賀の辺りで生まれ、移動をくりかえして、今の場所に落ち着いたのは100万年ほど前と言われています。内陸なのに、ハマヒルガオなどの海浜植物が生え、たくさんの固有種を育みながら移動してきた「びわこさん」。地学や植物学の成果と想像力豊かなフィクションが融合した絵本。

ベストレビュー

移動する湖

琵琶湖の歴史について、地学的な知見も交えつつ、フィクションで物語る作品です。
「びわこさん」の名の通り、主人公は女性。
琵琶湖は、地元では、マザーレイクと呼ばれているので、納得です。
400万年前から存在する女性という造形が新鮮です。
それだけに、彼女と一緒にその世界を感じる感覚が素敵です。
海へのあこがれ、が大きな原動力というのも納得です。
地質学的に移動したということは、少し知っていましたが、
このように女性と一緒に時の流れを受け止めると、
その必然性が体感できたような気がします。
描かれている魚たちも、それぞれ大きな意味を持った容姿だそう。
それもまた、生きる姿。
小学校高学年くらいから、少し難しいかもしれませんが、感じてほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

梨木 香歩さんのその他の作品

物語のものがたり / 草木鳥鳥文様 / 炉辺の風おと / ほんとうのリーダーのみつけかた / 風と双眼鏡、膝掛け毛布 / ヤービの深い秋

小沢 さかえさんのその他の作品

しあわせなハリネズミ / チャーちゃん / 岸辺のヤービ / ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし


絵本ナビホーム > > よんひゃくまんさいのびわこさん

みんなで参加しよう!えほん祭

よんひゃくまんさいのびわこさん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット