話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
日本の外からコロナを語る 海外で暮らす日本人が見た コロナと共存する世界各国の今

日本の外からコロナを語る 海外で暮らす日本人が見た コロナと共存する世界各国の今

編集: 下川 裕治
出版社: メディアパル

税込価格: ¥1,430

「日本の外からコロナを語る 海外で暮らす日本人が見た コロナと共存する世界各国の今」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月14日
ISBN: 9784802110495

188mm×128mm 224ページ

出版社からの紹介

コロナ禍での日本の中の暮らしって外からはどのように見えているのだろう?
日本のコロナ対策ってどうなっているのだろう?
海外でのコロナ禍での暮らしはどうなっているのだろう?

日本で暮らしているとコロナ禍の日本が海外からどのように映るのかわからない。
もちろん海外での状況もわからない。
そんな中、韓国、台湾、中国、ベトナム、カンボジア、タイ、フィリピン、アメリカ、フランスの9か国で暮らす日本人が、コロナ禍のもと、人々はどのように暮らしているのか、そして、海外に住んでいる視点から日本のコロナの状況や対策を見て感じること、それらをまとめた一冊です。

編集・監修は、「12万円で世界を歩く」他、多数の海外に関するエッセイの第一人者の下川裕治。各国の執筆者と昔からつきあいのある監修者が、現地の肌感覚や本音をうまく引き出しています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • しぜんのおくりもの
    しぜんのおくりもの
     出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    『あおのじかん』の作者のスケッチ集。心ひかれる昆虫や動物や植物、自然からの崇高なおくりもの。

下川 裕治さんのその他の作品

台湾の秘湯迷走旅 / 世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア大陸横断2万キロ / 10万円でシルクロード10日間 / 文庫 12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 日本の外からコロナを語る 海外で暮らす日本人が見た コロナと共存する世界各国の今

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット