話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
センダックの絵本論

センダックの絵本論

作: モーリス・センダック
訳: 脇 明子 島 多代
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥3,300

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1990年05月
ISBN: 9784000011945

菊判・258頁+口絵2丁

出版社からの紹介

20世紀を代表する絵本作家と評されるセンダックが、絵本の祖コールデコットからディズニーや同時代の若い
イラストレーターまで、自身の創作活動に直接間接に影響を与えた人々について、折にふれ率直に語った名評論。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モーリス・センダックさんのその他の作品

金の鍵 / かるいお姫さま / 英日CD付 かいじゅうたちのいるところ WHERE THE WILD THINGS ARE / プレストとゼスト リンボランドをいく / 父さんがかえる日まで / ちょうちょのために ドアをあけよう

脇 明子さんのその他の作品

岩波少年文庫 かじ屋と妖精たち イギリスの昔話 / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(上) / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(下) / 蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句 / 読む力が未来をひらく / ノウサギとハリネズミ


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 外国文学、その他 > センダックの絵本論

4月の新刊&オススメ絵本情報

センダックの絵本論

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット