新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

この まちの どこかに

この まちの どこかに

  • 絵本
作: シドニー・スミス
訳: せな あいこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年01月28日
ISBN: 9784566080676

279mm×181mm 40ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

この大都会に降り立ったのは、小さな子ども一人。知らない顔ばかりの中、大きな音や騒がしい人の声。きみはどんな気持ちでいるだろう。どうすればいいのか、わからなくなるよね。

でも、きっと大丈夫。そういう時は裏通りを通って、クワの木の下に隠れたり、暖かい蒸気が噴き出るダクトの下で、昼寝をするといいよ。公園に女の子がすわっていれば、ひざにのせてもらえるかもしれないよ。

吹雪で凍てつく街の中、その子が切なる思いで呼びかけているのは、行方不明になってしまった猫。状況を理解し、読者の誰もが胸をしめつけられる思いをする頃、全てをぎゅっと抱きとめてくれたのは……。

主人公の心情を表わすような景色の切り取り方。寒さが厳しくなっていく風景。道をたどりながら、見えてくる物語。悲しいけれど、あたたかい。まるで一本の映画を観ているような感覚になってくるのは、多くを語らないからなのか。シドニー・スミスが、初めて絵と文章の両方を手がけたというこの作品。美しい装丁も含め、自分だけの絵本として持っておきたくなる1冊です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

大都会に、小さな子どもがひとり。行方不明の飼い猫を探して凍てついた街をゆきます。雪が吹雪になるころ、たどり着いた家で、「きみは きっと だいじょうぶ」そう祈る願いごと家族に抱きとめられるとき、冬の街さえも、あたたかいものとしてわたしたちの心にせまります。
文字のない絵本『おはなをあげる』(ポプラ社)でカナダ総督文学賞、ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞などを受賞。『うみべのまちで』(BL出版)で、2018年のケイト・グリーナウェイ賞、産経児童出版文化賞翻訳作品賞を受賞するなど、「物語る絵」に定評のある著者が、初めて絵と文章の両方を手がけた作品です。2019年のニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞、2020年のエズラ・ジャック・キーツ賞などを受賞。

ベストレビュー

絵を読む

『SMALL IN THE CITY』が原題。
表紙の男の子の物憂げな瞳がずっと気になっていたので、
手に取りました。
まずは、ただ、読んでみてください。
乗り物?
ああ、バスね。
下車して、町を歩いて。
語られる文章は、この男の子へ向けてのものでしょうか。
町の中の喧騒、あ、雪が降ってきた。
文章への違和感は、やがて、真相の気づきとなります。
男の子の行動が徐々に絵で明らかになります。
そして、なるほど、そうだったのか!
「LOST」の文字と、猫の絵。
大丈夫、という言葉は、ラストのシーンだからこそ、リアルです。
小学生くらいから、しっかりと絵を読んで感じてほしい作品です。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シドニー・スミスさんのその他の作品

ぼくは川のように話す / スムート かたやぶりな かげの おはなし / うみべのまちで / おはなをあげる

せな あいこさんのその他の作品

あの子は ぼくらの スーパースター / エリンと まっくろ岩の ひみつ / 青のなかの青 / フォックスさんの にわ / まほうのさんぽみち / あおい ちきゅうの いちにち ―うみ―


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > この まちの どこかに

実りの秋に読みたい絵本・児童書 みんなの声大募集!

この まちの どこかに

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット