話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
千曲川はんらん 希望のりんごたち

千曲川はんらん 希望のりんごたち

  • 児童書
著: いぶき 彰吾
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年01月29日
ISBN: 9784580824539

小学高学年
216mm×151mm 160ページ

出版社からの紹介

2019年10月13日に長野県を襲った台風により、長野市長沼地区で千曲川が氾濫し堤防が決壊しました。この物語は、千曲川はんらんで被災した、三つのご家族の思いを描いています。
長野市長沼地区でりんご農家を営んでいた寺田家ご家族と、その三女の寺田由紀音さん(高校3年生)の千曲川への思いを取材しました。小学校6年のとき千曲川水害の劇を演じた由紀音さんは、まさか本当に水害の被災者になるとは思っていませんでした。
決壊箇所のすぐ脇にある妙笑寺住職婦人の笹井妙音さんは、長年千曲川水害に関する記録を残し、地域に伝える活動をしてきました。今回の水害では、全国から集まったボランティアの人たちとのつながりについて話しをしてくれました。
決壊箇所から離れていて逃げ遅れたため、二階近くまで浸水し、真っ暗闇のなかで一晩過ごした西沢さんご夫妻。暗闇と水の轟音だけが鳴り響き、徐々に水が家の2階付近まで上がってくる恐怖を話してくれました。
防災と人のつながりと地域の歴史。これからもこの地区で生活をしていく人たちの決意を強く感じます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いぶき 彰吾さんのその他の作品

竜馬にであった少年


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 千曲川はんらん 希望のりんごたち

3月の新刊&オススメ絵本情報

千曲川はんらん 希望のりんごたち

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット