話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
わたしが鳥になる日

わたしが鳥になる日

  • 児童書
著: サンディスターク・マギニス
訳: 千葉 茂樹
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年02月24日
ISBN: 9784092906389

288ページ

出版社からの紹介

傷ついた心に響く希望に満ちた物語

わたしは、鳥。翼は、ブルーだ。
その翼で飛んで自分の家を見つける。
ついにその時が来た。
あとは枝をけって飛びだせばいい。
わたしは空を飛ぶ。


主人公の少女デセンバーは、鳥が大好きで『鳥類完全ガイド』を丸暗記している。そして、自分も鳥で、背中から翼が生えてくると信じていた。ある日、動物保護センターで傷ついたノスリが自力で飛ぶ訓練をすることになる。

空を飛びたいと願う11歳の少女の悲しくも希望に満ちた感動物語。



【編集担当からのおすすめ情報】
この物語のテーマソングは、ビートルズの「エリナー・リグビー」。
少女デセンバ―を支える女性がいつも口ずさんでいます。この名曲に乗せて、「鳥になる」と信じている少女の物語が、進んでいきます。ラストは、はっとさせられるくらい爽快で、読む物の心を癒やしてくれます。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


千葉 茂樹さんのその他の作品

パラリンピックは世界をかえる ルートヴィヒ・グットマンの物語 / ジョナスの かさ / ぼくの犬スーザン / いろがみえるのは どうして? / ちきゅう 45おく4,000まんねんの おもいで / 写真科学絵本 ひとすじの光


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 外国文学小説 > わたしが鳥になる日

2月の新刊&オススメ絵本情報

わたしが鳥になる日

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット