新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ようかいむらのどきどきひなまつり

ようかいむらのどきどきひなまつり

  • 絵本
作・絵: たかい よしかず
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年01月27日
ISBN: 9784337026094

小学低学年
250mm×210mm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

たかいよしかずさんの人気シリーズ「ようかいむら」9作目は、妖怪も楽しいひな祭りの一日です。
ようかいむらでは、毎年、誰がひな壇にのぼるかで、ひな飾りを決めているんですって。
さて「おひなさまに なりたい ひとー」とのっぺらぼうが声をかけると、「そりゃ どうみても わしじゃろうて」と砂かけばばあ。
おさかべひめの妖怪、かべっちも「わらわで きまりじゃ」と負けません。
雪女のぶるるも立候補して、3人対決がはじまりました。
三つ巴の勝負、一体誰がおひなさまになるの!?……と思ったら意外な展開に。

続く「おだいりさまになりたいひと〜〜〜」にも大騒ぎ。
たくさんの妖怪が名乗り出ますが、三人官女に五人ばやしも決めなければなりません。
ひな壇は無事に完成するのでしょうか……?

「見た人を元気にする作品づくり」をモットーに掲げる、作者のたかいよしかずさん。
登場するのは、ユーモラスで愛嬌がある妖怪ばかりです。
本作では住人が「我こそは」と、ひな壇に上がることを競うため、いつもの登場人物からレアなキャラクターまでいっぱい。
シリーズファンにはおなじみの、くすっと笑えるオチもぜひお楽しみに!

毎回ちょっとした絵探しなどのお楽しみがあるシリーズですが、今回は「あみだくじ」があります。親子で遊んでくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

人里はなれた山の奥にあるという「ようかいむら」には、たくさんのかわいい妖怪たちがくらしています。そこには学校や遊園地、季節や年中行事なんかもあって、まるで人間の世界そのまま。さあ、きょうは「ようかいむら」で何が起こるのでしょうか。笑い、感動、おまけありと、作家たかいよしかずの「妖怪ワールド」が展開されています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

たかい よしかずさんのその他の作品

新版 すごろく・ふくわらいデラックスボックス / ジャンケン必勝てぶくろ(1) / ゆめたんのぐっすりまほうとだいぼうけん / ようかいむらのずんちゃかおんがくかい / ようかいむらのしとしとあめふり / バイバイばいきんさん はみがきのまき(4)


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学総記 > ようかいむらのどきどきひなまつり

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ようかいむらのどきどきひなまつり

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット