話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
いま「水」を考える(1) 水道水がとどくまで

いま「水」を考える(1) 水道水がとどくまで

  • 児童書
著: 沖 大幹
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥3,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年12月23日
ISBN: 9784265088614

A4変型判 重さ 490g 48ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

すべての生き物の命の源である水。どのように地球上を循環しているのか。また、水道の蛇口に水が届くまでの道のりをたどるとわかることとはー。小4社会の単元に完全準拠!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

沖 大幹さんのその他の作品

いま「水」を考える(3) 水の安全・危険 / いま「水」を考える(2) 生活に欠かせない水 / 水ってなんだろう(3) からだは水でできている / 水ってなんだろう(2) 水のふしぎ / 水ってなんだろう(1) 水がうまれた / 水ってなんだろう(全5巻)


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 土木 > いま「水」を考える(1) 水道水がとどくまで

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

いま「水」を考える(1) 水道水がとどくまで

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット