新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

小さなスプーンおばさん

小さなスプーンおばさん

  • 児童書
作: アルフ・プリョイセン
絵: ビョーン・ベルイ
訳: 大塚 勇三
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1966年04月
ISBN: 9784051046507

小学生(中学年)〜
A5・168頁

8〜9歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学3年生向けベストセレクション

みどころ

ある朝、突然ティースプーンくらいに小さくなってしまうおばさん。ところがおばさんはちっとも動じません。「おやまあ、なんてこった!」とぶつぶつつぶやきながら、「小さくなっちゃったんなら、それでうまくいくようにやらなきゃならないわね」と動物たちに家の掃除をさせ、フライパンやつぼをなだめすかして、ご亭主の昼食のパンケーキまで焼いてしまうのです。おばさんののびのびしてユーモラスなこと、マカロニ・スープやコケモモジャムのおいしそうなことといったら!

作者、アルフ=プリョイセンは、ノルウェー出身の作家。1914年(100年も前ですね)に片田舎の農場で働くまずしい両親のもとにうまれたため、彼自身も幼い頃から農場で働き、学校に行きませんでした。
でも彼のゆたかな才能は、自然に人々に知られるようになりました。あちこちのお祭りや踊りの場で、自作の歌をうたってよろこばれ(歌をうたうのも上手だったそうです)、やがて書いた物語が評判になり、とりわけ人気を得たのがティースプーンおばさんのお話だったそうです。本は各国語に翻訳され、世界に愛される作家になりました。日本では1980年代にテレビアニメ化され、NHK総合で「スプーンおばさん」として放送されます。本書はその原作です。

お話のなかで小さくなったおばさんは、カラス会議に出席してカラスとおしゃれを競ったり、夏至祭りの焚き火用の木にのぼって燃やされそうになったりします。おばさんがひき起こす珍事件は、どれも不思議さと、陽気さにあふれています。そうそう、忘れちゃいけない、愛するご亭主との愛嬌あるやりとりや、おばさんの小気味いいせりふも、クセになっちゃうほどわくわくしますよ!
プリョイセンの特徴を、訳者の大塚勇三さんが「農村の吟遊詩人としてそだってきたよさ」と表現していますが、まさにそのとおり。おおらかで素朴で、やさしくてへこたれない『小さなスプーンおばさん』に、きっとこれからの時代も多くの人々が癒され、勇気づけられるでしょう。「人間が生きること」の普遍的なおもしろさを教えてくれる、傑作です。

(大和田佳世  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ある朝、目がさめたら、いきなり茶さじくらいに縮んでしまうスプーンおばさん。気丈なおばさんは少しもあわてず、てきぱきと困難をきり抜けていく。気のやさしいご亭主との静かな暮らしのなかでおこる珍事件を明るくユーモラスに描いた物語。

小さなスプーンおばさん

ベストレビュー

楽しい冒険の数々!

ある日突然茶さじくらいの大きさになってしまったおばさん。「なるほど、小さくなっちゃったなら、それでうまくいくようにやらなきゃならないわね」と様々な問題を解決していきます。パンケーキとコケモモのジャムが美味しそうでした。飲み終わった後のコーヒー占いも、外国作品ならではでいいなと思いました。おばさまのチェックのスカーフに白いブラウス、ストライプのスカートも素敵ですね。本の分量は多く感じましたが、とても楽しい作品で飽きることなく、楽しめました。
(ぼんぬさん 40代・ママ 女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アルフ・プリョイセンさんのその他の作品

がんばるスプーンおばさん / ゆかいなスプーンおばさん / やさしいスプーンおばさん / スプーンおばさんのゆかいな旅 / スプーンおばさんのぼうけん / 10までかぞえられるこやぎ

ビョーン・ベルイさんのその他の作品

スプーンおばさんのクリスマス / スプーンおばさんちいさくなる

大塚 勇三さんのその他の作品

あかずきん グリム童話 / いしになった かりゅうど モンゴル民話 / ウルスリのすず / しあわせな ふくろう / 岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 外国文学小説 > 小さなスプーンおばさん

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー石丸幹二さん

小さなスプーンおばさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット