もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
とんぼの島のいたずら子やぎ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とんぼの島のいたずら子やぎ

  • 児童書
作: バーリント・アーグネシュ
絵: レイク・カーロイ
訳: うちかわ かずみ
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784034311905

小学初級から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

やんちゃ坊主の子ヤギのギダ。新しく引越してきたトラのおじいさんにあれこれいたずらをしかけます。ハンガリーの心温まるお話。

ベストレビュー

はらはらしちゃういたずらっ子

おいしい草がたくさん生えている《とんぼ島》に住む子ヤギを中心にしたお話です。
この子ヤギ、かなりのいたずらっ子なんです。
いたずらをママに怒られても、自分が悪いはずなのに反省もせず逆恨みしたりなんかしちゃって・・・
そう、まるでわが子を見るようです(笑)。

物語中盤で、平和なこの島に猛獣の虎が引っ越してくることになり、子ヤギのギダはご機嫌ななめになっちゃいます。
そして案の定イタズラ(嫌がらせ?)をはじめるのですが・・・・。

ギダのいたずらっこ振りにはらはらさせられますが、最後はほのぼのできるいいお話でした。

挿絵が少ない幼年童話ですが、字はわりと大きめで漢字にはすべて振り仮名が振ってあります。
7話構成になっていて、ストーリーは連続していますが別々に読むこともできるので、まだ自分で読めないお子さんには1話ずつ読み聞かせてもいいですね。
(あんれいさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

バーリント・アーグネシュさんのその他の作品

こぶたのレーズン / こぶたのレーズンとおともだち / 犬のラブダとまあるい花

レイク・カーロイさんのその他の作品

3びきのうさぎ / もりのたいしょうは はりねずみ

うちかわ かずみさんのその他の作品

ふたごのベルとバル



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

とんぼの島のいたずら子やぎ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット