ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
よるがやってくる

よるがやってくる

  • 絵本
著・イラスト: 下田昌克
出版社: こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年03月29日
ISBN: 9784772102513

3〜5歳
判型:B5変形
ページ数:32ページ

みどころ

「ぼく、今日からひとりで寝るんだ」
そんなシチュエーションが、きっとどの家庭にもやってきます。

お父さんとお母さんと一緒のときはなんともないのに、ひとりぼっちになった途端、急に不安になる。ギュッと目をつぶって、「こわくない こわくない…」と思えば思うほど、恐ろしいことが次々と浮かんでくる。
そんな、幼い頃、誰もが感じたことのある、ほの暗い夜のこわさを描いた作品です。

作者の下田昌克さんは、画家として絵本や挿絵などで活躍される一方、帆布を使った恐竜作品でも知られる、多彩なアーティスト。
ひかりと闇のコントラストを、迫力のあるイラストで表現しています。

想像力が豊かな子どもだからこそ、夜のこわさが増すのかもしれません。
でも大丈夫。お父さんも、お母さんも、ちゃんと近くにいてくれます。
こわいのは自分だけじゃない。
ひとりで寝るのも、あせらずゆっくりでいいのかも。
そんな風に、子どもの気持ちにやさしく寄り添ってくれるおはなしです。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ぼく、今日からひとりで寝るんだ。でも寝ようとすると、部屋の中に何かの気配。なんにもいないよ、いるはずないよ。ぼくはギュッと目をつむり、再び眠ろうとするけど……。
子どもの頃、誰もが感じたことのある、夜の気配。お母さんやお父さんと一緒の時は平気なのに、ひとりになると夜がいたずらを仕掛けてくるみたい。さて、本当にひとりで眠れるのかな?

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

下田昌克さんのその他の作品

みどりバアバ / すき焼きを浅草で / 死んだかいぞく / かきバターを神田で / りこうな子ども アジアの昔話 / 恐竜がいた



AmazonオーディオブックAudibleでJ.K.ローリング最新作『クリスマス・ピッグ』を楽しむべき7つの理由

よるがやってくる

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット