話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
江戸落語事始 たらふくつるてん

江戸落語事始 たらふくつるてん

著: 奥山 景布子
出版社: 中央公論新社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥858

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年01月20日
ISBN: 9784122070141

352ページ

出版社からの紹介

命を懸けて「江戸落語」を創った男・鹿野武左衛門。その謎と波瀾に満ちた半生が今、明らかに!――17世紀末、主人公は“江戸落語の始祖”といわれた鹿野武左衛門。しかし、落語家になる前の武左衛門はうだつのあがらない塗師だった……男はどうして落語家になったのか? 五代将軍徳川綱吉による言論弾圧の下、命を狙われながら決死の思いで「笑い」を追究した男の人生とは? 謎多き武左衛門の人生を著者が大胆不敵に物語る。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


奥山 景布子さんのその他の作品

小説 真景累ヶ淵 / かっぽれ 寄席品川清洲亭 四 / 音四郎稽古屋手控 音わざ吹き寄せ / 集英社みらい文庫 南総里見八犬伝 かけぬけろ! 宿命の八犬士 / 葵の残葉 / 伝記シリーズ 明智光秀 なぜ、本能寺へむかったのか──?


絵本ナビホーム > 教養 > 文庫 > 日本文学、小説・物語 > 江戸落語事始 たらふくつるてん

2022年5月の新刊&おすすめ絵本

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット