話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
やっぱり じゃない!

やっぱり じゃない!(フレーベル館)

あの驚きが再び!

  • びっくり
  • 盛り上がる
宮沢賢治の絵本 オツベルと象

宮沢賢治の絵本 オツベルと象

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 荒井 良二
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784895881166

6歳から
カバー付き・26×25cm

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会


宮沢賢治の絵本アワード2015


【結果発表】宮沢賢治絵本シリーズ レビュー大募集!


編集者松田素子さんインタビュー

出版社からの紹介

「オツベルときたら大したもんだ。稲扱器械の六台も据えつけて、のんのんのんのんのんと、・・・」ある日、地主のオツベルのところに大きな白い象がやってきて、オツベルは象をうまく騙して思うがままに過労をさせる。初めは労働を楽しんでいた白象だが、徐々に食べ物を減らされて弱っていく。白象は月の助言で仲間たちに手紙を書き、それを読んだ仲間の象たちはオツベルの邸へと押し寄せていく・・・仲間達が一体になって、助ける姿に感銘を覚えます。最後の燃えるような「赤」が印象的な作品。決してハッピーエンドではないこの物語を荒井良二が色鮮やかに描きあげた絵本です。

「宮沢賢治の絵本」シリーズ

【著者プロフィール】 荒井 良二 1956年山形県生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。イラストレーションでは1986年玄光社主催の第4回チョイスに入選。1990年処女作「MELODY」を発表し絵本作りを始める。1991年に世界的な絵本の新人賞である「キーツ賞」に「ユックリとジョジョニ」(ほるぷ出版)を日本代表として出展。1997年「うそつきのつき」(文渓堂)で小学館児童出版文化賞を受賞、1999年に「なぞなぞのたび」(フレーベル館)でボローニャ国際児童図書展特別賞受賞、2000年「森の絵本」(長田弘/作 講談社)で講談社出版文化賞絵本賞受賞。2005年にはスウェーデンの児童少年文学賞である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を日本人初受賞。その他「はじまりのはじまり」(ブロンズ新社)「スースーとネルネル」(偕成社)など多数。

宮沢賢治の絵本 オツベルと象

ベストレビュー

意外な展開

作者の作品は知ってるつもりだったけど、実際は全然知らなかった。
あまりに有名で自分も知ってる気になってたらしい・・・

読み始め、きっとハッピーエンドと思いながら進める。
ん、なんか様子が変わってきたぞ・・

人の都合のいい勝手な思い、欲望
象の好意を逆手にとる悪知恵はたらく、あくどさ
いつの時代もこんな人間っているもんだなあと悲しくなる
人間と動物、あらゆるもの(全ての生き物、自然など)が助け合い共存できる世界を作者は願っていたと聞いた事がある。
この作品に限らず宮沢賢治の作品にはそんな思いがこめられているという。
欲張りにはバチがあたるものだ。

ぱっと見の絵も目を引くが、わりと長い話の中で
1日の終わりにつぶやく象の言葉がなんだかしみる
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子13歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

宮沢 賢治さんのその他の作品

宮沢賢治童話集 注文の多い料理店・セロひきのゴーシュなど / 北守将軍と三人兄弟の医者 / シグナルとシグナレス / ポプラキミノベル 注文の多い料理店 / 鳥箱先生とフゥねずみ / ポラーノの広場

荒井 良二さんのその他の作品

こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 宮沢賢治の絵本 オツベルと象

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

宮沢賢治の絵本 オツベルと象

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット