新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ムシャノコウジガワさんの鼻と友情

ムシャノコウジガワさんの鼻と友情

  • 児童書
作: 二宮 由紀子
絵: 荒井 良二
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ムシャノコウジガワさんの鼻と友情」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年
ISBN: 9784034391600

小学中級から

出版社からの紹介

ムシャノコウジガワさんの巨大な鼻をめぐって、わがままだけど愛すべき人々が繰り広げるおかしなおかしなナンセンスコメディー。

ベストレビュー

奇想天外で楽しかったです

名古屋市立図書館の三・四年生のお勧めリストにありました。

武者小路実篤の「友情」と芥川龍之介の「鼻」をもじったようなタイトルですが、内容は奇想天外で楽しかったです。

あまりに大きくて重い鼻を持つムシャノコウジガワさん。歩くたびに大きな穴があき、一人では立ち上がれないので、町中の人が協力し合って救出します。

そんな生活にも疲れてきた町の人たち。ムシャノコウジガワさんの鼻を何とかしようと話し合います。

これだけでも、何だかおもしろそうなお話だと思いませんか。

ムシャノコウジさんの鼻がどうなるのか?知りたくて一気読みしてしまいました。

気の毒な話ではあるのだけど、ムシャノコウジさんがなまけ者だったり、関わる人たちの胸算用やがわかったり、それぞれの思惑・気持ちがしっかり描かれているので、そこここでクスクスッと笑えました。

読み聞かせしながら息子と笑い合ってしまいました。

二宮由紀子さん、児童書を読み始めてから注目している作家さんの一人です。読み物の楽しさが味わえます。

こんな楽しい本なのに、近くの図書館では閉架になっているし、私が借りた図書館でも新品同様、読書離れが進むと言われている中学年のお子さんに読んでほしいです。

大人が先に読んでこんな楽しい本があるよと伝えたくなるお話です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


二宮 由紀子さんのその他の作品

コップのすいえい / かいぞく タコせんちょう / だんごどっこいしょ / ちびねこのチュチュと、スプーンのあかちゃん / かさとながぐつ / どうぶつたちのうた

荒井 良二さんのその他の作品

こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ムシャノコウジガワさんの鼻と友情

内堀タケシさんの写真絵本「ランドセルは海を越えて」 不要になったランドセルをアフガニスタンへ届けて17年

ムシャノコウジガワさんの鼻と友情

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット